【小池百合子】都ファ31議席獲得で小池知事は高笑い 奇手“寝たふり作戦”の全内幕と今後の政局|日刊ゲンダイDIGITAL

 自公はもちろん、都民もまた“女帝”に「してやられた」のか。小池都知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会(都ファ)」が都議選で31議席を獲得。都政第1党を奪還した自民(33議席)に肉薄し、1ケタ台...

ツイッターのコメント(33)

当選した都ファ都議はこう言う。

「入院後、われわれに対する街中の反応が激変したのです。自民、公明支持を公言する人から『今回は都ファに入れるよ』『頑張って』と声をかけられる機会が圧倒的に増えました。

結果的に『知事不在』が同情票を集めたと実感しています」
選挙は、公職選挙法に触れなければ何をやっても自由か?
これほど、民主主義を冒涜し、都民を侮辱した行為はないのでは?少なくとも、子ども達の模範となるべき都知事が…。世界はどう見てる?
減らしてるんだぜ、しかも寝たふり作戦なんて身になる訳無いだろ。何評価してるんだ?ゲンダイ
「小池知事は頼りない足取りで現れ『どこかでバタッと倒れるかもしれないが、本望だと思ってやり抜く』とかすれた声で話した」_このような、お涙頂戴劇も、やがては乾き、忘れ去られ、都民のための政策か否かが問われてくる。
貸しをつくりたい小池知事の「協力せよ」との号令一下で、都ファは一糸乱れず自公にスリ寄り。中途半端な“草刈り場”と化す可能性もある

古狸、転ぶのも芸のうちか?
これもおかしな記事。
何でもかんでも小池知事の作戦ということにして、成功のように書いているがコロナ禍の時に9日も入院して、病名も明らかにしない小池知事も、質問もしない記者もおかしい。北朝鮮なみ。
ひとつの結果に対して屁理屈を付けて正しいようにしてしまう。
都民の大方は狐狸ゴリ?、未だ続く国と都に渦巻く懲り暗政権怪なモシ。・・・❖
小池都知事。
自己演出が上手。
選挙も上手。
政局政治も上手。
が、そこ迄。
他者(都民)に対する政治をしていない事が問題、
と、この記事を読んだ。
「死んだフリ」で騙される熊もいないのに、「寝たふり」で騙される都民は多かったみたいですね。

【小池百合子】 奇手“寝たふり作戦”の全内幕と今後の政局|日刊ゲンダイDIGITAL
緑の古狸だけに寝たふりが得意。
 
PR
PR