【菅義偉】菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在|日刊ゲンダイDIGITAL

 まるで「借りてきた猫」だった。英コーンウォールで開催されたG7サミットで、国際会議デビューを果たした菅首相。しかし、最後までG7各国の輪の中に入れずじまいだった。【写真】この記事の関連写真を見る(1...

ツイッターのコメント(84)

やっぱり内向きには強気なんだ。国外だと存在感希薄なのにな。
オイオイ!迷子になるなよ😓
会話力ないし。能面顔は海外の人には理解できない。このお方、何で政治家になったか理解不能
菅首相G7サミットでポツンとひとり…国際舞台で際立った“薄すぎる存在” 首相は英語でデイベイトぐらい出来る人がなった方がいいですね。コミュニケーション能力が低いとG7などに参加すると浮いてしまいますね。
拡散希望❢                菅首相G7サミットでポツンとひとり…国際舞台で際立った“薄すぎる存在”
さすが反日本人団体の日刊ゲンダイ
一人離れた時の写真探してポツンと一人と流す

低レベルの日刊ゲンダイなのだから
無理か
前総理安倍も相手されなかった……反自民党反公明党反菅内閣!……
欧米と日本では歴史や文化が異なるわけだから、総理が浮いた存在になるのはある程度仕方がないことではある。最大の問題は欧米の海千山千のリーダーたちと肩を並べるだけの教養が総理にはないことだと思う。
この辺は最初のサミットの大平首相の頃からの伝統。馴れ合ってる日本の首相を見たいなら麻生元首相か河野太郎大臣が適任。
今回のG7で意気込んでやったことは「まずぅ、ディスタンスですね。常に皆と距離を取っていました。そした中で、主導的に議論を進められたと思っています」
 
PR
PR