TOP > その他のニュース > LGBT差別に続き女性蔑視 杉田議員を放任する自民党の責任|日刊ゲンダイDIGITAL

LGBT差別に続き女性蔑視 杉田議員を放任する自民党の責任|日刊ゲンダイDIGITAL

15コメント 2020-10-01 06:28  日刊ゲンダイ

 9月25日、自民党政調の内閣第1部会等合同会議で、女性への暴力や性犯罪に関して、杉田水脈代議士が「女性はいくらでも嘘をつけますから」と発言したとのことである。相変わらず雑な発言である。 例の「LGB...

ツイッターのコメント(15)

杉田水脈の役割は自民党の男性保守議員が言えば問題となる家族観を、代理で言う事だろう。自民党オッサン議員の匿名ツイートの様なものだ。
杉田水脈、女性はいくらでも嘘つける炎上発言問題からの離脱に成功。

ネットニュース最新の関連記事もほぼゼロになりつつあるのか…。

こんなのダメだって!どこが美しい国日本だよ!
■②アベ様寵愛議員は「官(邸)助」 【ここがおかしい 小林節が斬る!/ 杉田議員を放任する自民党の責任】( )/《しかし、会議に参加した複数の関係者が同議員の問題発言を確認した。どうやら、この人は平然と嘘をついていることになる》
(😓)小林節先生の最後の一言が身にしみる・・・
杉田議員は、そもそも公人として発言する資格がないことを2度も自認したことになる。結局、これは私たち有権者の質が問われている
その通りだ。
我々はあなどられているのだ。
傍若無人に権力を私物化しても、異議を申し立てないから。
今こそ に選挙でNOを突きつけるべき。
認めた謝罪も「不快に思われた方々〜」自分自身を含めた女性全員に唾を吐いているのに気づかない?辞職はよ
あの「LGBT」の時も、今回も、逃げようとする杉田議員には、そもそも公人として発言する資格がない。そんな者をかばってきた自民党の責任は重い。
今回も、総選挙が近いと感じて、党内受けを狙って発言したのであろう。
こんな人を当選させた、有権者の質が問われている。
嘘つきー
皇室ラーメン芸人さんのお師匠さん
「今回も、総選挙が近いと感じて彼女は党内受けを狙って発言したのであろう。結局、これは私たち有権者の質が問われているのだ。」
杉田水脈の今回の発言。
有権者の質が問われている。
「.公人として表現の自由を行使した杉田議員は、『自ら招いた』討論に応じる憲法上の義務がある。それは、権利を行使した者の当然の責任である(憲法12条)」
ここがおかしい 小林節が斬る!
杉田議員を放任する自民党の責任|日刊ゲンダイDIGITAL @tim1134
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR