TOP > その他のニュース > 【小池百合子】都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄|日刊ゲンダイDIGITAL

【小池百合子】都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄|日刊ゲンダイDIGITAL

「東京アラートを制定した際、小池知事は積極的に関わったのに、先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけでした」――ため息交じりに話すのは東京都のある職員だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止に飽きたのか、やる気を失っているのか、都知事選に…...

ツイッターのコメント(18)

普段から下で働いている人たちの眼は、やはり確かだろう。
聴くべきものを持っていると思える。
😌やはりね✨あの時唐突に天の声が聞こえたのね😓大阪の府知事が有名になっちゃう‼️って😩だから東京も目立つ事でもしないともうじき都知事選でしょ🤗だ・か・らライトアップ作戦やっちゃちゃ😱
だろーね。
都内の感染者が連日3桁なのに…具体的な対策を一切言わないし💧
明日の投票先が大事です。
もう小池では都は持たない。
瞬発力はあるけど、持久力は無いんだよ、政治家って人種は。
ああ、懐が潤うことは、違いけどね。
新型コロナウイルスの感染拡大防止に飽きたのか、やる気を失っているのか、都知事選に集中したいのか。
あるいは全てが当てはまるのか……。いずれにせよ、もはや小池知事は都のトップとしての役割を放棄しているようだ。
無責任な知事
「先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけ」東京都のある職員

「知事は1週間以内に、病床の確保レベルを最大3000床の『レベル2』に上げる準備を進めるよう指示しましたが、そう簡単にできる話ではない」福祉保健局の幹部職員
「東京アラートを制定した際、小池知事は積極的に関わったのに、先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけでした」――ため息交じりに話すのは東京都のある職員だ。
愚策「東京アラート」後は役割放棄|日刊ゲンダイ
『現場の痛みを知らないし、知ろうともしないトップの下で働く職員たちは不幸だ。湧き上がる小池知事への怨嗟の声。やる気も深い考えもない思い付き知事なんて「辞めちまえ!」が、彼らの本音では』
愚策「東京アラート」後は役割放棄。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に飽きたのか、やる気を失っているのか、都知事選に集中したいのか。あるいは全てが当てはまるのか……。いずれにせよ、もはや小池知事は都のトップとしての役割を放棄している。
「「東京アラートを制定した際、小池知事は積極的に関わったのに、先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけでした」――ため息交じりに話すのは東京都のある職員だ」
都職員から小池知事へ“怨嗟の声” 愚策「東京アラート」以降はトップの役割放棄
都職員から小池知事へ“怨嗟の声” 愚策「東京アラート」以降はトップの役割放棄
"現場の痛みを知らないし、知ろうともしないトップの下で働く職員たちは不幸だ。
都職員から湧き上がる小池知事への怨嗟の声。やる気も深い考えもない思い付き知事なんて「辞めちまえ!」が、彼らの本音ではないか。"
今でもアンケート取ると、小池や安倍は、良く対処している、と答えるノーテンキな都民、国民が多いんだろうな!
戦前の一億軍国主義的奴隷国民のままか!!
気づけよ!!
以上
 

いま話題のニュース

PR