TOP > その他のニュース > 【河井克行】菅原一秀氏は不起訴…現金アウトで香典セーフの悪しき前例|日刊ゲンダイDIGITAL

【河井克行】菅原一秀氏は不起訴…現金アウトで香典セーフの悪しき前例|日刊ゲンダイDIGITAL

 何のことはない。安倍官邸の“守護神”がいなくなっただけで、「巨悪をぐっすりと眠らせる」という本質はちっとも変わっていないらしい。 自民党衆院議員の菅原一秀前経産相(58)=東京9区=の秘書が選挙区内で香典を配ったなどとされる公選法違反疑惑で、菅原議員を起訴猶予とした東京…...

ツイッターのコメント(13)

特捜部って何の為に在るの?
@MOJ_HOUMU 政治家が法律を守らない事を国民にネチネチと責められて、時に罵声を浴びせられたり、最悪法律を守らない政治家の為に、自殺をしてまで秘密を隠さなければいけない職場で働くのは、御断りです
Newsピックアップ 「日刊現代デジタル」より引用
6/28
何の事は無い。安倍官邸の“守護神”がいなくなっただけで、「巨悪をぐっすりと眠らせる」という本質はちっとも変わっていないらしい。…このままだと、第2、第3の“守護神”が出てくるのも時間の問題だ
検察は一体なんのために存在しているのか💢
結局此奴も一生言われ続ける。何かの度に取り沙汰される。逃げきれない。
もはや安倍政権は悪しき前例を産み出すだけの存在だと言っても過言ではないと思う。
何のことはない。安倍官邸の守護神がいなくなっただけで「巨悪をぐっすりと眠らせる」という本質はちっとも変わっていないらしい。菅原前経産相の秘書が選挙区内で香典を配ったなどとされる公選法違反疑惑で、菅原議員を起訴猶予とした東京地検特捜部のことだ。
菅原一秀氏は不起訴…現金アウトで香典セーフの悪しき前例:日刊ゲンダイ

私見:今の検察じゃ、お中元/お歳暮も解禁するかもしれない。春秋は靖国神社例大祭顕彰でもやりますか。@tim1134
交通違反でも情状酌量が無いのに、民主主義の根幹を揺るがす公選法違反が情状酌量に成るのは法治国家としては異様。
 論理的思考が抑制される理由。
 自民党政権は腐敗臭プンプン。
広島地検がまともな捜査をし、東京地検は何もしなかった…ということですね。何なんですかね?
命乞いを受け入れた犬殺。
解体でOK
以上
 

いま話題のニュース

PR