持続化給付金でも“隠れみの”に「一般社団法人」のカラクリ|日刊ゲンダイDIGITAL

 新型コロナウイルス禍対策の「持続化給付金」事業の委託を巡り、実体がないトンネル団体だとして問題になった「一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ推協)」。 設立に関わった広告代理店の「電通」に、ほ...

ツイッターのコメント(10)

そもそも『一般社団法人と一般財団法人』は廃止すべき法人形態。
 様々な法人が乱立して意味不明になっている。
 お役所仕事って言うんや。
( ..)φ→「「社団法人」は以前は監督官庁の許可が必要な公益法人だったが、2008年施行の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により、公益性に関係なく、法務局に登記すれば誰でも設立できる団体に」【持続化給付金でも“隠れみの”に「一般社団法人」のカラクリ】
税金を使う所にいつも電通、パソナの影…
…「一般社団法人」:「かつての公益イメージがあるのでマズいことに利用するにはもってこい。」腐れ官僚・政治家御用達、天下り且つ詐欺組織と認識します。
「一般社団法人」🏢➡️トンネル企業⏩税金の迂回⏭お友達企業🏬🉐㊙️❎🦆ネギ➡️政治献金🔙😵⚠️💢
浦野広明氏「一般社団法人は公益法人と違って税制優遇があるわけでもなく、商売をしてもいい。株式会社に近い普通の法人です。もっとも、かつての公益イメージがあるのでマズいことに利用するにはもってこい。サ推協のように隠れみのに使っているケースもあるでしょう」
だまされちゃいけないということだ。
以上
 
PR
PR