TOP > その他のニュース > 【新型コロナウイルス】日本政府が招いた人災…憲法は正当な補償を義務付けている|日刊ゲンダイDIGITAL

【新型コロナウイルス】日本政府が招いた人災…憲法は正当な補償を義務付けている|日刊ゲンダイDIGITAL

10コメント 2020-05-09 07:34  日刊ゲンダイ

 今回の新型コロナウイルス禍は、中国発の歴史的天災であるが、わが国に限って言えば、初動対応を誤った政府が招いた人災の側面も大きい。 その結果、今、全国民は、首相が公示した緊急事態宣言の下で知事が発した...

ツイッターのコメント(10)

憲法29条3項
「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる」
と明記している
だから、公益に基づく規制により経済的損失を被った者は
その損失額を国家に補償してもらう「権利」があり
国家にはそれを補償する「義務」がある
(日刊ゲンダイ)
29条3項は、「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる」…すごく分かりやすかったです。憲法、もっと勉強したい。
国民が国(安倍政権)に対し「集団訴訟」を起こせば、必ず国が負けると思う。
憲法29条3項は、「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる」
全国民一丸と成って国民が武漢ウィルスで出した損失補償を安倍政権に補償請求を提起して応じる事が無い場合には集団訴訟を提訴致しましょう其れが憲法に謳う国民の権利です。
小林節慶応大名誉教授
ここがおかしい 小林節が斬る!

公開日:2020/05/09
今回の新型コロナウイルス禍は中国発の歴史的天災であるが、わが国に限って言えば初動対応を誤った政府が招いた人災の側面も大きい。その結果、今、全国民は首相が公示した緊急事態宣言の下で知事が発した要請・指示(事実上の強制)によりさまざまな不自由を強いられている。
ここがおかしい 小林節が斬る!
バカな政府に国民は苦しめられている。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR