TOP > その他のニュース > 【下村博文】民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”|日刊ゲンダイDIGITAL

【下村博文】民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”|日刊ゲンダイDIGITAL

「しんけ~んゼミ!」――。若いころ聞いた「進研ゼミ」のCMを覚えている人もいるだろう。この通信講座を運営するベネッセコーポレーションが、延期に追い込まれた英語民間試験をめぐる問題でヤリ玉に挙がっている。  ◇  ◇  ◇■下村元文科相の後援会名簿に元社長の名前…...

ツイッターのコメント(52)

ベネッセとGTECを共催している「進学基準研究機構」の理事長は元文部次官で、評議員の安西氏は元中央教育審議会会長。理事の武田氏は教育再生実行会議の有識者メンバー。ベネッセグループの福武財団理事・鈴木寛氏は下村文科相時代に文科相の補佐官
■下村元文科相の後援会名簿に元社長の名前
@asamadetv これとは関係がないの?
全ての事実が知りたい。
@asamadetv ベネッセと下村氏は仲良しのようですね🎶
元文科相と親密ではあるようだ

民間試験問題をめぐり…と文科省の“深すぎる関係”
> ベネッセ教育総合研究所の所長と理事だった人物が下村氏を支援する「博友会」のパーティーなどにたびたび出席
>元社長・福島保氏も後援会名簿に名を連ね、「蜜月関係」
さん、残念でしたね。もう少しで手が届いた宝の山が、指の間から零れ落ちていきました。さぞかし落胆している事でしょう。悪い事は出来ませんね。天網恢々疎にして漏らさず...
業界(ベネッセ)を儲けさせるために、自民党の下村博文がもっともらしい理由を付けて導入しようとしたが、やり方が粗雑すぎていろいろばれてしまうの図。
利権のために存在するのが自民党。
「ベネッセは『たまごクラブ』で妊産婦を読者にし、生まれた子供を『こどもちゃれんじ』や『しまじろう』で取り込む。その後は小学校講座や進研ゼミなどで高校を卒業するまで面倒を見るシステムです」:
「ベネッセ教育総合研究所の所長と理事だった人物が下村氏を支援する「博友会」のパーティーなどにたびたび出席。ベネッセの元社長・福島保氏も後援会名簿に名を連ね、「蜜月関係」にある」。
「ベネッセは2014年に、3500万件の個人情報漏れが発生。同社は受注していた高校の英語力調査をいったん停止されながら、すぐに再開が許された。下村氏の後ろ盾のおかげだともいわれました」
@masaru_kaneko 下村って男、ベネッセとも結託して
まぁこういう話は当然出てくるよね…
【民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”】
お友だち。
“発売中の週刊文春と週刊新潮によると、同社は下村博文元文科大臣と密接な関係にあるという”
)φ「週刊文春と週刊新潮によると、同社は下村博文元文科大臣と密接な関係にあるという。ベネッセ教育総合研究所の所長と理事だった人物が下村氏を支援する「博友会」のパーティーなどにたびたび出席」【【下村博文】民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”】
「17年に同省が米国から2人の委員を招聘。1日当たり約50万円の謝礼を要求されたが、国の規定で1万7700円しか払えない。そこでベネッセに渡航費の一部を含めた416万円の支出を要求するメールを送った」
メモ:福武書店は社員数6人で発足したが、現在のベネッセホールディングスは総勢2万1022人。18年度の売り上げは4394億円に上る。→
文科省とベネッセ、下村元大臣との癒着関係。
挙句、萩生田現文科相の身の丈発言は
金と実力の有る奴だけ選抜すれば良い、的な
差別意識からの本音が言葉になったのだ。
教育によって格差固定を目論む連中に
真っ当な教育人としての資質が有るのか?
教育は国の基幹。
私腹の肥やしにするな。
暗躍する下村。ここでも‼️
「ベネッセ教育総合研究所所長・理事・元社長と博友会」「3500万件個人情報漏れ後の高校英語力調査即時再開」「416万疑惑」「国語記述式試験の採点を61億6千万円で落札した学力評価研究機構」
「ベネッセは2014年に、3500万件の個人情報漏れが発生。同社は受注していた高校の英語力調査をいったん停止されながら、すぐに再開が許された。下村氏の後ろ盾のおかげだともいわれました」
文科省に寄生して急成長したといえようか。

   #ベネッセ
「ベネッセは2014年に、3500万件の個人情報漏れが発生。同社は受注していた高校の英語力調査をいったん停止されながら、すぐに再開が許された。下村氏の後ろ盾のおかげだともいわれました」
■①教育産業…カネ儲けしようという心根が理解できない 【民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”】( )/《■下村元文科相の後援会名簿に元社長の名前…同社は下村博文元文科大臣と密接な関係にあるという。》
スカ「自民党の支持率については今後も適正に指示するので、全く問題はありません。」
日刊ゲンダイより(昨日)。

「民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”」
下村博文って、本当に碌でもない。
「ベネッセは2014年に、3500万件の個人情報漏れが発生。同社は受注していた高校の英語力調査をいったん停止されながら、すぐに再開が許された。下村氏の後ろ盾のおかげだと、
腐りきった に週刊誌が群がり始めた。腐肉に群がるハゲタカのごとし。このまま腐敗政権は葬送を。
バレなきゃいい…がバレた
利権の塊。
 ふざけちゃいけない。
 受験正数で受験料を考えてみれば、洒落にならないとんでもない金額になる。
 有り得ない施策である事は否定できない。
 アカンやろ。
ベネッセは下村元文科大臣と密接な関係にあり、ベネッセ教育総合研究所の所長と理事だった人物が下村氏を支援する「博友会」のパーティーなどにたびたび出席。ベネッセの元社長・福島保氏も後援会名簿に名を連ねる。

ベネッセと文科省の“深すぎる関係”
ベネッセ(旧福武書店)は日本の受験制度をターゲットに、社員やアルバイト等の低賃金をバネにして急成長し、今や文科省の国家利権を恣にしている政商と言っていいだろう。
政官民癒着が裏にあった英語民間試験導入。
やはりな、と納得してはいけない!
>ベネッセ関連団体理事長は元文部次官、評議員は元中央教育審議会長、理事は教育再生実行会議メンバー、福武財団理事は下村が文科相時代の補佐官
>同社幹部連が下村の組織「博友会」、元社長も後援会員、「蜜月関係」
若いころ聞いた「進研ゼミ」のCMを覚えている人もいるだろう。この通信講座を運営するベネッセコーポレーションが、延期に追い込まれた英語民間試験をめぐる問題でヤリ玉に挙がっている。
教育産業は利益第一ではなく利益第二で、生徒を第一。結果的に利益が上がるような分野でなくてはいけないと思ってるんだけど。。
:この一連の動きの背後に下村博文がいることは間違いなさそうだ。唾棄すべき男だ。受験生を食い物にするってドーゆう感覚なのだ!
。ね、「蜜月関係」にあるというのだ。文科省関係者が言う。
小中で狂人のように教師にばかり当たり、高校では女子と遊び呆け、完全に劣等生の問題児童生徒になり果てたぼくだが、それでも進学校→国立大に進めたのは「試験で点取りゃ受かる」という公平性があったからなのだな。これからの受験生は気の毒。
子供達に顔向けできない国だ
こういうの許すなら

下村博文】民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”|日刊ゲンダイDIGITAL
必読。日刊ゲンダイはずーっと頑張ってくれてるね。大手メディアは見習ってほしい。
@masaru_kaneko 英語民間試験導入の報道の時も、
やたら「GTEC」連呼してたのは
ベネッセとの癒着があるからでしょうね😱
ホント安倍政権と財界の政財癒着がヒドイ💢‼️
延期に追い込まれた英語民間試験を巡る問題で浮上してきた、ベネッセと文科省の深すぎる関係。下村元文科相の後援会名簿にはベネッセの元社長が名を連ね、文科相時代にはベネッセグループの財団理事が補佐官を務める等、密接な関係が報じられています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR