【萩生田光一】英語民間試験延期 萩生田文科相「身の丈」発言が決定打に|日刊ゲンダイDIGITAL

 最大の被害者は受験生なのは間違いない。政府が2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の柱と位置付けていた英語の民間試験の活用を見送ることを決め、萩生田文科相が1日午前、正式表明した。 文科省は1...

ツイッターのコメント(13)

見送るだけだからねぇ…
PFI法(全ての事業を民間活用)、実体は政府がやるべき事業を、民間に売り渡し利益を差し上げる法。
その負担は全て庶民にのしかかる。
その他の大学入試改革も数々の問題を含んでいる。
文科省、天下り先作りはもっと丁寧にやらないと ~~~
焦る気持ちもわかるけど ~~
頑張れ、天下り先創設〜
(−_−;)
この人自身が自分の能力の程を知るべき。
それにしても本当に驚くほどみっともない国になったなあ。
英語は最悪だったが他の科目もひどい。国立大学が独自に試験をすればいいだけだ。私大でできるところはやっている。なぜ一律の試験を一次試験として課す必要があるのか各大学の説明が必要だ。
すでに国公私立大と短大の約6割が試験活用を表明し、ベネッセも10月31日、GTECの実施会場として全都道府県の161地区を試験会場とする計画を発表。1日から20年度の受験に必要な共通IDの手続きが始まる見込みだった。
★『男達の悪巧み』の主犯格が、身の丈に合わぬ文科大臣に就任し差別的本音発言で自爆‼↣安倍ボンクラ改造内閣=「驕る平家は久しからず」の見本市‼
ひとまず最悪のゴリ押しは止められた。
共通テストも大問題だからまだまだやることは多いが、この成果につながる行動をしてくれた若者たち・ジャーナリスト・研究者および野党に拍手と感謝。
【萩生田光一】 萩生田文科相「身の丈」発言が決定打に|《萩生田氏が先月下旬のBSフジの番組で「身の丈に合わせて勝負してもらえれば」などと発言したことから、謝罪と撤回を求める声が続出》!!
アホなこと言うたもんやのう
民間の検定機関がぼろ儲けする仕掛け?
…安倍並みのバカは不要だということだ。
以上
 
PR
PR