TOP > その他のニュース > かんぽ不正販売はアベノミクスのマイナス金利政策が元凶|日刊ゲンダイDIGITAL

かんぽ不正販売はアベノミクスのマイナス金利政策が元凶|日刊ゲンダイDIGITAL

13コメント 登録日時:2019-08-01 15:36 | 日刊ゲンダイキャッシュ

「郵便局に対する顧客の信頼を大きく裏切ることになり断腸の思いだ」――。かんぽ生命の不正販売問題をめぐり、同社を傘下に収める日本郵政の長門正貢社長が31日の会見でこう謝罪した。かんぽ生命と日本郵便の社長も同席。釈明に追われた。 かんぽ生命による過去5年の不正の疑いのある契約…...

ツイッターのコメント(13)

アホノミクスは完全なる失敗です。
真っ当に保険販売してる人達に失礼な記事だなぁ。
どの金融機関だって同じじゃん。
組織の倫理観がクソってただけじゃないか
マイナス金利政策は劇薬のようなも長く続ければ本体そのものが毀損するのは当たり前!
⭕️マイナス金利を理由に高齢者を騙して契約させちゃったみたいです。

こういう金融ってどうなの❓
本当に悲しい。
全国のお爺ちゃんお婆ちゃんが泣いていますよ。😢
そんな、何十年も前からずっと利回りの良い超長期国債買ってるんやから、そんなここ2〜3年のマイナス金利政策で追い詰められたとか、阿保か。
違うと思う
かんぽは昔からなんでもあり
だった
…犯罪の陰に安倍あり。国難排除!!
かんぽ生命はアベクロのマイナス金利政策によって追い詰められた。保険販売による手数料収入を稼がざるを得なくなった結果、過大なノルマを現場に課してでも経営を維持しなければならなくなった。
以上

記事本文: かんぽ不正販売はアベノミクスのマイナス金利政策が元凶|日刊ゲンダイDIGITAL

いま話題の記事