TOP > その他のニュース > 問われる大学 文科省「英語民間試験不参加で不利益ない」|日刊ゲンダイDIGITAL

問われる大学 文科省「英語民間試験不参加で不利益ない」|日刊ゲンダイDIGITAL

 2020年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験は、TOEICの離脱表明を受け、疑問の声が広がっている。日経新聞は「拙速な進め方が露呈した」(7月3日付)と報じた。 そもそも、入試方法を決めるのは大学。英語民間試験を利用する義務はない。東大、名大、京大は英語民間試…...

ツイッターのコメント(16)

そんなこといくら言われても、今後受けた不利益について「民間試験不参加だったからですか?」と訊いて「そうですよ」なんて文科省が言うわけがないというだけの話。
アホらしい。
@LRwKojItiOzfHTb これですかね?
6月24日付の文科省の見解が注目されている。...
〈大学が入学者選抜において英語の資格・検定試験を活用しないことによって、運営費交付金の減額などの不利益・悪影響を及ぼすような措置を取ることは考えておりません〉...
《「学問の自由」(憲法23条)が問われている》

文科省「英語民間試験不参加で不利益ない」|日刊ゲンダイDIGITAL
各大学の出足の遅さから推測するに、この件は学内で相当議論があったはずだ。そんな中で不本意ながらももうすでに運用方針を決めてしまった大学もある。一度吐いた唾は飲めないだろう。
2020年度の入試要綱決定から遥かに経って今更こんな事をいうことに何の意味が?そうか、大学が自発的にやったこと、というわけですね。
外部試験の様に大学も「加点方式」なんだよね。
>東大、名大、京大は英語民間試験を必須から外し
>国の「全員に課す」との方針に逆らえない大学がほとんど

埼玉大学も「必須から外し」ました
大学が入学者選抜において英語の資格・検定試験を活用しないことによって、運営費交付金の減額などの不利益・悪影響を及ぼすような措置を取ることは考えておりません
旧帝大のうち5校と京工繊が入試に英語民間試験が不要ってことか。> 文科省「英語民間試験不参加で不利益ない」|日刊ゲンダイDIGITAL
こういうときだけ、東大卒ということを誇りたいと思える笑
民間試験を使用しなくてよいという文科省のお墨付きが出たんだから,これで受験必須にする大学の見識が問われようもの。しかし,はしごをはずす用意はしっかりできてるから,やめられない。
いやあ、東大が「民間試験、大活用!」とやっていたら、笑いものになるところでした。入試担当理事に感謝。
「民間英語試験の利用が本当に大学や学問の発展に利することになるのか――大学関係者は立ち止まって考えるべきだ。大学の自治、広くは「学問の自由」(憲法23条)が問われている」
正論だけど、今や予算配分のキャスティングボートを握っているのは文科省ではなく官邸や総務省の場合もあるのではないかと危惧。調査してほしい。
再度,日刊ゲンダイ!正論です。
「民間英語試験の利用が本当に大学や学問の発展に利することになるのか――大学関係者は立ち止まって考えるべきだ。大学の自治、広くは「学問の自由」(憲法23条)が問われている」
以上
 

いま話題のニュース

PR