TOP > その他のニュース > 仏ルノー 日産が経営統合応じぬなら西川CEOの続投を拒否|日刊ゲンダイDIGITAL

仏ルノー 日産が経営統合応じぬなら西川CEOの続投を拒否|日刊ゲンダイDIGITAL

13コメント 登録日時:2019-04-27 13:22 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 経営統合に応じないなら西川氏の続投を拒否する――。仏ルノーが日産自動車の西川広人CEOに対し、こう伝えていたことが分かった。26日の読売新聞が報じた。 ルノーは、日産株式を43.4%保有しており、西川氏の再任を拒否することは可能。日産側は、ルノーが西川氏続投との交換条件…...

Twitterのコメント(13)

日産もボロボロになりそうな予感。
当初の予想通り、日本側は西川の首を差し出しとくのが妥当な落とし所だろう。具体的には起訴するかどうかは別として特捜にワッパ打たせることやな。取締役会とかで承認してたのは事実な訳でヨw【 】
Discover(Google)から
アメリカ自動車産業はしてやったりでしょうね。ルノー、日産潰しが実現。日本にはトヨタだけはのこしてやるよということか?警察国家日本はアメリカのためにいい仕事してるよね。➡
読売報道、4割4超す株持つルノーなら拒否できる、と日刊ゲンダイ
私見:なんと言ってもお家騒動
@tim1134 #テルサン
安倍らヤマト自民党からすれば日産は既に用済み。迷わずフランスに売り飛ばすだろう。
西川氏を唆した人間がいるはずだが、資本の論理をひっくり返す妙手を持っているのだろうか?
外交能力ゼロの日本政府にはそんなウルトラCができるとは、とても思えないが、
ルノーは、日産株式を43.4%保有しており、西川氏の再任を拒否することは可能。日産側は、ルノーが西川氏続投との交換条件として経営統合を、どこまで強く圧力をかけてくるか出方を見極めているという。
ルノーが西川クビにすれば特捜部は成り行き上西川もゴーン氏の共犯者として逮捕しなければならなくなるのではないのか?特捜も内閣も政治的国策逮捕だったことをバレないよう「あくまで公正な逮捕だった」アリバイ作りとしてはあり得るよね。民間企業の経営権の話なので。
そりゃそうでしょw »
日本政府と組んでクーデターを起こせば何とかなると考えていたこの西川がバカ過ぎる。日本が仏に、安倍がマクロンに勝てるか?(嘲)★
この執拗さを見ると、メインストリームの本命はハイブリッド車などエンジン車で、EVは嗜好品、プレゼンかと。今の技術で普及は無理。
やはり資本の論理からすれば、こうした話にはなり得ましたよね。恐らく、日産さんも想定していた話では。どうするのでしょうか。決算状況も随分、傷んでいるようですし。
また、国の関与も大きくなってしまったし。
#
以上

記事本文: 仏ルノー 日産が経営統合応じぬなら西川CEOの続投を拒否|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事