TOP > その他のニュース > 【安倍晋三】安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」|日刊ゲンダイDIGITAL

【安倍晋三】安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」|日刊ゲンダイDIGITAL

「北朝鮮に全ての核・弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で放棄させなくてはなりません。そのために必要なのは、対話ではない。圧力なのです」 2017年9月20日、安倍総理は国連の演説でこう述べて、北朝鮮とのあらゆる対話を拒否する姿勢を明確にした。民主…...

ツイッターのコメント(15)

「2017年9月20日、安倍総理は国連の演説で、北朝鮮とのあらゆる対話を拒否する姿勢を明確にした。民主主義国が国連という対話の場で、1つの国を名指しして対話を拒否するよう求める極めて違和感のある演説だったが、当時それを批判したメディアを私は知らない」
自分たちの都合やメンツで作文して伝えるのが日本マスゴミ。 「朝日新聞は『南北接近、日米冷ややか』と報じている。しかし、実際には、冷ややかだったのは日本だけだった」 安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」


『…報道には冷静さを求めたいが、我々にはそれらの内容を厳しく見る目が求められている。』
色々な角度から分析しないとね…
「私は谷内正太郎国家安全保障局長のブレーンの1人に、「あの演説は日本の外交史に残る汚点ではないか?」と問うた。すると、その人物は、「あれは官邸の暴走でした」と素直に認めた」
「必要なのは、対話ではない。圧力なのです」
「1つの国を名指しして対話を拒否するよう求める極めて違和感のある演説だった」
実際トランプ氏は対話をしている。対話してないのは安倍首相だけやん。
まさに、その通り。
日本の恥を重ねる安部総理は一日も早く退陣を!
「谷内正太郎国家安全保障局長のブレーンの1人に、「あの演説は日本の外交史に残る汚点ではないか?」と問うた。すると、その人物は、「あれは官邸の暴走でした」と素直に認めた」
そのとおり。
「北朝鮮に全ての核・弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で放棄させなくてはなりません。そのために必要なのは、対話ではない。圧力なのです」
トランプ大統領でさえ、圧力と対話の両方で北と接触しているのに、安倍総理は「北朝鮮にミサイル計画を放棄させるには、対話ではなく圧力だ」と発言した。世界中があきれ返なか、トランプ氏にノーベル平和賞推薦文を財団に送った。もはや喜劇だ。
日刊ゲンダイ(2/20)ファクトチェック・ニッポン! :立岩陽一郎『安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」』民主主義の国が国連という対話の場で、1つの国を名指しして対話を拒否するよう求める...  まるでかの国のようです。
その通りですね。アメリカのマスコミも同じかもしれないが、日本のマスコミのパワーが無くなった気がしますね。RY
安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」|ファクトチェック・ニッポン!
トランプは大統領になる前から米軍の世界展開縮小やアメリカ第一主義、国境の壁建設など言ったことは必ず実行している。実行した政策は無茶苦茶だが米軍縮小などは功利に裏打ちされた綿密さも見え隠れする。トランプにとって安倍は与しやすい駒程度にしか思ってないだろう。
安倍総理の国連演説を垂れ流したメディアの「空気」|ファクトチェック・ニッポン!|立岩陽一郎
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR