TOP > その他のニュース > 【辺野古】辺野古計画は破綻 軟弱地盤に杭6万本打てる船は日本にない|日刊ゲンダイDIGITAL

【辺野古】辺野古計画は破綻 軟弱地盤に杭6万本打てる船は日本にない|日刊ゲンダイDIGITAL

35コメント 登録日時:2019-02-12 15:16 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 計画は白紙にするほかない。安倍政権が進める沖縄県名護市の辺野古新基地建設で、埋め立て予定海域に存在する軟弱地盤の問題が解決不能なことが分かった。「県が埋め立て承認を撤回した最大の根拠が、マヨネーズ状の軟弱地盤でした。防衛局も14年から16年に実施したボーリング調査で軟弱…...

Twitterのコメント(35)

軟弱地盤に杭を打ち込める作業船が日本にはなく中国にしかないのという時点で終わっている話だが・・。
やっぱり明月氏の言う通りだった。
70mの杭打機は90mの海底に届かないw

どうすんのよ、これ? と言ったって
あべ痴ゃんは止めないでせうw
「民警」の飼育・養成ちう裏の目的もあるとかないとか・・・
『この道しかない』んだって、さwww orz
《完成するか分からない基地建設計画を見直そうともしないのは、もはや嫌がらせとしか思えない。税金で環境破壊を進めているだけだ。》
こんなことを民意も無視してゴリ押しすること自体悪夢だわ!
県民投票はどのようになるか?でも辺野古の海に破天荒な工事をこなせる工作舟もない、撤退するより道がない
@PeriKazukoNG辺野古計画は破綻
このまま進めれば工期も工費も見通せず、税金をドブに捨てるようなことに…完成するか分からない基地建設計画を見直そうとしないのは、もはや嫌がらせとしか思えない。
…~埋め立て工事直ちに中止を!
軟弱地盤に杭6万本打てる船は日本にない:日刊ゲンダイ
『辺野古新基地建設で埋め立て海域の軟弱地盤問題が解決不能なことが分かった。完成するか分からない基地建設を見直そうともしないのは、もはや嫌がらせ。税金で環境破壊を進めているだけだ』
💥もはや只の環境破壊💥

軟弱地盤に杭6万本が必要だとやっと国が認めた。
しかし日本国内の作業船が地盤改良のために砂杭を打ち込める深さは最大で70mだ。
90mまで杭を打ち込める作業船は国内に存在しないのだ。
もんじゅ化に向けて真っしぐら。基地賛成派こそ代替案を出せば?>


『…「沖縄タイムス」によれば、日本国内の作業船が地盤改良のために砂杭を打ち込める深さは最大で70メートルだという。しかも70メートルに対応する船は2隻しかない…』
沖縄の宝、日本の宝を、腹いせと利権で破壊するな‼️💣

辺野古新基地建設で、埋め立て予定海域にある軟弱地盤の問題が解決不能なことが分かった。

軟弱地盤の改良ができない以上、工事計画は破綻👾。
このまま進めれば工期も工費も見通せず、税金をドブに捨てるようなことに…完成するか分からない基地建設計画を見直そうとしないのは、もはや嫌がらせとしか思えない。
おいおい!もういい加減にしてくれ。
もはやただの環境破壊!
「もはやただの環境破壊」
もはやただの環境破壊
安倍首相は1月31日の衆院本会議で、軟弱地盤の改良工事のため計画変更の承認を沖縄県に申請すると、政府として初めて言及した。ところが、90メートルまで杭を打ち込める作業船は、国内に存在しないのだ。
「完成するか分からない基地建設計画を見直そうともしないのは、もはや嫌がらせとしか思えない。税金で環境破壊を進めているだけだ。」
「防衛局も14年から16年に実施したボーリング調査で軟弱地盤を確認していたのに、隠して工事を進め、埋め立てを強行した」

7万本のようです
【辺野古】
反対とか賛成とか言う問題ではないな…。元々、杭打ちできる作業船がないとは…。
基地建設巡る辺野古の地盤問題は解決不能?対応できる作業船が日本になし -
「安倍政権は地盤改良が解決できないことを知りながら、県民の声を無視して既成事実を先に作った。実に悪辣。軟弱地盤の改良ができない以上、工事計画は破綻している。
それでも安倍政権はアメリカ様の為に税金を海に捨てる>
日刊ゲンダイ(2/12) 軟弱地盤に杭6万本打てる船は日本にない:画は白紙にするほかない。安倍政権が進める沖縄県名護市の辺野古新基地建設で、埋め立て予定海域に存在する軟弱地盤の問題が解決不能なことが分かった。
9日付の「沖縄タイムス」によれば、日本国内の作業船が地盤改良のために砂杭を打ち込める深さは最大で70メートルだという。しかも70メートルに対応する船は2隻しかない。90メートルまで杭を打ち込める作業船は、国内に存在しない
安倍のことだから90メートルの杭打ちができる船を造らせるんじゃないか?あるいは買ってきて改造するとか。
関係会社が儲かれば良いのかね?
…できないことを強行したした責任を安倍自民党は取らねばならん。
辺野古新基地建設で埋め立て予定海域に存在する軟弱地盤の問題が解決不能。安倍は水面下最大90mの軟弱地盤に砂の杭6万本以上を打ち込む工事を検討。しかし国内の作業船が砂杭を打ち込める深さは最大で70m。しかも船は2隻しかない。90mまで杭を打ち込める作業船は国内にない。
「完成するか分からない基地建設計画を見直そうともしないのは、もはや嫌がらせとしか思えない。税金で環境破壊を進めているだけ」→
杭6万本打てるなら、沖縄の電柱全部引っこ抜いてケーブル地中化したらどうか?・・・(悔いが残る?)
馬鹿に打つ薬もない こんな事分かり切っていただろうよ。
以上

記事本文: 【辺野古】辺野古計画は破綻 軟弱地盤に杭6万本打てる船は日本にない|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事