TOP > その他のニュース > 【安倍晋三】米ロINF条約破棄で現実味 日本が“新冷戦”の主戦場になる日|日刊ゲンダイDIGITAL

【安倍晋三】米ロINF条約破棄で現実味 日本が“新冷戦”の主戦場になる日|日刊ゲンダイDIGITAL

33コメント 2019-02-04 15:21  日刊ゲンダイ

 米国に続き、2日にロシアも離脱を表明した「INF(中距離核戦力)全廃条約」。正式失効は180日後だが、条約のタガが外れることで、米ロに中国を加えた大国の核ミサイル開発競争が一気に加速するのは間違いな...

ツイッターのコメント(33)

トランプ大統領は 離脱表明前日の1月30日、イージス・アショア2基を、駆け込むように約2350億円で日本に売却することを承認…😨☢️💸
 
「ロシアはかねて、攻撃転用が容易なイージス・アショアを日本が導入することには懸念を示していました…」。。
日本は考えるべきだ。もう昔の冷戦時代ではない。
(ーー゛)
「中距離ミサイル・筆頭候補は日本・中国、北朝鮮だけでなく、ロシアの極東やシベリアまで射程に・「ロシアはかねて、攻撃転用が容易なイージスアショアを日本が導入することには懸念・日本に中距離ミサイルが配備されれば・米中ロの・最前線に、日本国民は・」(天木直人氏)
1987年に米ソで締結されたINF条約は、地上配備の中短距離核ミサイル(射程500~5500キロ)の全廃を盛り込んだ。この結果、東西冷戦は終結したが、米ロの離脱は歴史を逆行させる暴挙だ。
「は米国からイージス・アショアを買いながら、日露平和条約に強い意欲を示すという相いれない外交をしてきた。
破棄で、日露平和条約は消えた。
日本に中距離ミサイルが配備されれば、米中露の局地的核戦争の最前線に、日本国民は立たされる」
米国に続き、2日にロシアも離脱を表明した「INF(中距離核戦力)全廃条約」。正式失効は180日後だが
日ロ平和条約どころか、日本列島は“新冷戦”の主戦場となりかねない。

日本全土で自衛隊基地の米軍基地化が着々と進んでます。
日本全土が沖縄化してるようなものですよ!
…「シンゾー、中距離ミサイルを置かせてくれ」――。中ロをニラむ絶好の立地の日本にトランプ大統領が協力を求めるのは必至…
本当に⁉️
「シンゾー中距離ミサイルを置かせてくれ」――。中ロをニラむ絶好の立地の日本にトランプ大統領が協力を求めるのは必至。日ロ平和条約どころか日本列島は“新冷戦”の主戦場となりかねない。
【安倍晋三】
今回の日韓関係の劇悪化は
半島核有り統一で決定的となる
背景が米中の本質的な覇権争いだからだ
更にそこに露が絡む
日本は改憲して米中対峙の先頭で朝鮮と、が安倍さんのイメージだろうが
私はこれに強く反対する
日本は旧態依然の思考から脱するべき
「米国に続き、2日にロシアも離脱を表明した「INF(中距離核戦力)全廃条約」。正式失効は180日後だが、条約のタガが外れることで、米ロに中国を加えた大国の核ミサイル開発競争が一気に加速するのは間違いない。」
日本が新冷戦の主戦場
どうせ日本政府は米国の言い値で何か買わされるんだろうな
これでは増税しても切がない
椅子取りゲームのように弱者から淘汰され
勝ち残った人は僅かになり弱肉強食の行く末は
恐竜のような運命を辿る
「シンゾー、中距離ミサイルを置かせてくれ」――。中ロをニラむ絶好の立地の日本にトランプ大統領が協力を求めるのは必至。
ああ恐ろしい。
米国からイージス・アショアを日本が購入して、それを米国が使うのか・・
日刊ゲンダイ ー 2019年2月4日(月)
米露冷戦下でのINF条約している間に中国の核戦略が危機になった!?
@iwakamiyasumi 天木直人氏「安倍首相は、米国からイージス・アショアを喜んで買いながら、日ロ平和条約に強い意欲を示すという相いれない外交をしてきたのです。INF条約破棄で、日ロ平和条約は完全に消えました…」
「安倍首相は米国からイージス・アショアを喜んで買いながら、日ロ平和条約に強い意欲を示すという外交をしてきたのです。INF条約破棄で日ロ平和条約は完全に消えました。そればかりか米、中、ロの局地的核戦争の最前線に、日本国民は立たされることになる」(天木直人氏)
置いたから撃たれるのか、置かないから撃たれるのか、議論なら幾らでもできる。しかし議論している間に撃たれるのが現実である。議論に酔うことで現実から逃避することを愚かと認めるべきである
イージス・アショアを米国が日本に熱心に売り込んだのは、何のことはない、INF離脱後の核ミサイル配備が念頭にあったからだ。
”「シンゾー、中距離ミサイルを置かせてくれ」――。中ロをニラむ絶好の立地の日本にトランプ大統領が協力を求めるのは必至。”

血の商人はほくそ笑んでいる。


日刊ゲンダイDIGITAL
「INF条約破棄で、日ロ平和条約は完全に消えました。そればかりか、日本に中距離ミサイルが配備されれば、“新冷戦”ともいえる、米、中、ロの局地的核戦争の最前線に、日本国民は立たされることになるのです」(天木直人氏)
天木直人:
中距離ミサイルの場合、米露とも自国から相手国に届かないので配備場所が重要。米国の場合、筆頭候補は日本。中国、北朝鮮だけでなく、露の極東まで射程に入りますからね。また、日本ほど言うことを聞く同盟国はない。米国はイージス・アショアを活用するでしょう。
イージスアシュアは核ミサイル迎撃だけでなく、攻撃用核ミサイルも配備可能だと。トランプは日本に中距離核ミサイルの配備を要求してくるだろう。そしたら日露平和条約は吹き飛ぶ⁉️
。ベラボーに高い価格や必要性が疑問視されるイージス・アショアを米国が日本に熱心に売り込んだのは、何のことはない、INF離脱後の核ミサイル配備が念頭にあったから?!
アベシ政権を支持する愚民どもに問う。
お前たちは、自分の生命を脅かす者をなぜ支持する?
ミサイルは、ガムに置けよ。


元外交官 天木直人 氏 談『ロシアはかねて、攻撃転用が容易なイージス・アショアを日本が導入することには懸念を示していました…』
…最悪だな。米ロを和解させられれば、日本の外交力も大したものだが、あのバカにできるのは火に油を注ぐことだけ。せめてアホ安倍の永久追放を急ごう。
米国に続き2日にロシアも離脱を表明した「INF(中距離核戦力)全廃条約」。中ロをニラむ絶好の立地の日本にトランプが協力を求めるのは必至。日ロ平和条約どころか日本列島は新冷戦の主戦場となりかねない。米、中、ロの局地的核戦争の最前線に日本国民は立たされることになる
そして今朝 
INF条約を米が離脱宣言したってニュース見たのも
クールダウンさせた事の1つ・・

トランプ大統領から 核搭載可能な中距離ミサイルを
日本に配置する要請があるかもしれないって。
絶対に嫌なんだけど😭💦
安倍政権がベラボーに高いイージス・アショアを米国から購入することを決めたのは、攻撃用に転用し、新たな冷戦に参加するためか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR