TOP > その他のニュース > 【辺野古】内閣が違憲行為を隠蔽か 辺野古“反対派リスト”発掘の波紋|日刊ゲンダイDIGITAL

【辺野古】内閣が違憲行為を隠蔽か 辺野古“反対派リスト”発掘の波紋|日刊ゲンダイDIGITAL

33コメント 登録日時:2019-01-30 06:21 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 軟弱地盤による設計変更で暗雲漂う辺野古新基地建設。焦る安倍政権が新たな護岸工事を始め、既成事実化を躍起になって急ぐ中、28日の毎日新聞が衝撃の文書をスクープ“発掘”。基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反だ。…...

ツイッターのコメント(33)

どーして安倍自公政権に関わるとこういう低レベルの問題が次から次へと噴出するのか,不思議でならない。類は友を呼ぶと言うのはうまいこと言ったもんやな。
『もし、憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題です」』
日本国憲法下での正しい政治の在り方が解っていない総理大臣なので、事の重要さが解らないから辞職しない。
〈憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図った〉としか思えない。

“反対派リスト”発掘の波紋


聖学院大 石川裕一郎教授 談『…仮に、指示なしにリストを作成しても、リストの存在を知った時点で、国はプライバシー侵害(リスト作成)を止めさせる憲法上の義務が生じます…』
怖ろしい。
反対派にも配慮してくれるなら反対運動などせずに済むわ!
権力が民主主義を縛るとは怖ろしい。
28日の毎日新聞が衝撃の文書をスクープ“発掘”。基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反だ。
「内閣が吹っ飛ぶ大問題」が次々と現れるウソつき安倍政権。“ 辺野古“反対派リスト”発掘の波紋”
仮に、指示なしにリストを作成しても、リストの存在を知った時点で、国はプライバシー侵害(リスト作成)を止めさせる憲法上の義務が生じます。もし、憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題です」
「反対する市民には無断で写真を撮られ、管理される理由はありません。国が関与していれば、半世紀前に最高裁が認めた憲法13条のプライバシー権の侵害にあたります」(聖学院大の石川教授)
日刊ゲンダイ(1/30)
いろんなレベルでこれやってますよね。うちなんかも「アホアホ団」とか言ってネタにされてそうやで
共謀罪を思い起こして欲しい。IoT無差別侵入もだ。
公安が我々の身近で監視する社会はすぐそこに来ている。
安倍政権が憲法違反の反対派のリスト作成を警備会社に依頼?
辺野古“反対派リスト”発掘の波紋:日刊ゲンダイ
『毎日新聞が衝撃の文書をスクープ。辺野古新基地建設反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反だ』
安倍内閣が違憲行為隠蔽か
最高裁 京都府学連事件判決
「何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有する。警察官が、正当な理由もないのに、個人の容ぼうを撮影することは憲法13条の趣旨に反し、許されない」
毎日新聞スクープ:沖縄防衛局調達部次長から反対派リストを作り監視してほしい旨の依頼【辺野古】 警察はやってるだろうから、いまさらという気もするが。
基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼し、バレそうになると警備会社が勝手にやったこととして切り捨て、憲法違反の行為を「政府として指示した事実はない」と閣議決定して隠蔽する安倍内閣。
辺野古基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書。15年当時の沖縄防衛局調達部次長から「安全な作業を実施してゆくために反対派リストを作り監視してほしい」旨の依頼があり作成したと記述。政府は不指示を閣議決定。憲法違反の隠蔽は内閣が吹っ飛ぶ
28日の毎日新聞が衝撃の文書をスクープ“発掘”。基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反だ。
↓(引用)
「反対する市民には無断で写真を撮られ、管理される理由はありません」「国が作成を指示したなら、明白な憲法違反」「もし、憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題」
国民を違法に監視し、憲法違反をしても平気なこんなひどい政権は、今すぐ終わらせましょう!
「憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題です」(石川裕一郎氏)何度吹っ飛んでんだか?いつ本当に吹っ飛ぶんだよ!
押し付けられた憲法だから守らなくていいと思っているのではないか。
国が関与を否定すれば、警備会社の報告書は偽物か、偽造したことになりますが、警備会社にメリットはない。もし、憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題です。
「反対する市民には無断で写真を撮られ、管理される理由はありません。国が関与していれば、半世紀前に最高裁が認めた憲法13条のプライバシー権の侵害にあたります」(聖学院大の石川裕一郎教授=憲法)
基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反

【辺野古】
へのこ反対派の詳細なリストを作りそれを関係各所に配布していた。アベ政権の卑劣さ、ぷらおいばしーは完全に破壊されてしまう、辺野古埋め立て一点しか見ない馬鹿なアベ、これが将来大きな禍根
《国が、辺野古沖の海上警備会社に基地反対派のリスト作成を依頼したことを示す内部文書を毎日新聞が入手。衝撃の「報告書」の内容が報じられています。》
国が、辺野古沖の海上警備会社に基地反対派のリスト作成を依頼したことを示す内部文書を毎日新聞が入手。衝撃の「報告書」の内容が報じられています #日刊ゲンダイ
以上

記事本文: 【辺野古】内閣が違憲行為を隠蔽か 辺野古“反対派リスト”発掘の波紋|日刊ゲンダイDIGITAL