TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 【安倍晋三】アン...

【安倍晋三】アンチではなく「知」が追い込んだ安倍寄り作家の新著騒動|日刊ゲンダイDIGITAL

52コメント 登録日時:2019-01-12 06:57 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 年末の安倍晋三のツイートを見て飲みかけのみそ汁を噴き出した。巷で話題のトンデモ本、百田尚樹の「日本国紀」を紹介していたからだ。初版25万部の事故本を売りさばく作戦か? 昨年11月の刊行なのに、帯に「平成最後の年に送り出す」とあるのは愛嬌だが、「私たちは何者なのか――。」…...

Twitterのコメント(52)

僕には希望は全く見えない。やっぱりほとんどの書店では一番売れてる場所に平積みされているからね。>
うーん、いつ読んでも適菜さんの文章はわかりやすい。
作家の適菜収さんによる日本国紀評
よくもまあ間違いを頑なに認めない人が書いた本を読もうと思うよね、という感想しかないんだよね。 / “【安倍晋三】アンチではなく「知」が追い込んだ安倍寄り作家の新著騒動|日刊ゲンダイDIGITAL”
アンチではなく「知」が追い込んだ安倍寄り作家の新著騒動|それでもバカとは戦え
※まさにアベとの戦いはバカとの戦い
量産されるバカとの戦い
これは日本の歴史上かつてない大虐殺である」と述べる一方で、「日本の歴史には、大虐殺もなければ宗教による悲惨な争いもない」。矛盾をツイッターで指摘されると、百田は「そういう文学的修辞が読み取れないバカがいるとは思わなかった」と返答。
>今回、百田を追い込んだのは「アンチ」ではなく、歴史を正しく扱う「知」を尊重する人々だ。
>知性はバカに屈しないという希望が見えた一件でもあった。
↑そして安倍晋三は「暗愚(アング)」だった!
>年末の安倍晋三のツイートを見て飲みかけのみそ汁を噴き出した。巷で話題のトンデモ本、百田尚樹の「日本国紀」を紹介していたからだ。⇒そりゃ、私も噴き出す(笑)。|
決して少なくない、ある一部の日本人の自尊心をくすぐるのが上手いのだろう。
安倍&百田は「恥」を知るべしな。
100田ウィ樹大先生は四の五の言わずにさっさと筆を折ってあらゆる言論活動から手を引くべきだ
「今回、百田を追い込んだのは『アンチ』ではなく、歴史を正しく扱う『知』を尊重する人々だ。(中略)特に『論壇net』というサイトを運営する『ろだん』氏の追及は素晴らしかった。知性はバカに屈しないという希望が見えた一件でもあった」(適菜収)
知性はバカに屈しない
コレ名言だわ
歴史学者から相手にもされない哀れな 支離滅裂すぎる😂😂笑
@iwakamiyasumi 百田尚樹の『日本国紀』:「私たちは何者なのか…。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。/適菜収氏(日刊ゲンダイ)
さすがゲンダイw
“「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。”
年末の安倍晋三のツイートを見て飲みかけのみそ汁を噴き出した。巷で話題のトンデモ本、百田尚樹の「日本国紀」を紹介していたからだ。
こんな物読む人がいるとは
日本国はもう終わりだね。
歴史の本を読め
しかし、このままだとアレですな。「百田氏こそがサヨクの手下で、愛国者の評判を落とす策略だったのだ」という陰謀論が出てくるのも時間の問題かな?
>「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない

(´・ω・`) 何とも鮮やかな切りっぷりです
<安倍さん、百田さん、大人に対して「さん」すら付けられないネット書き込みレベルで商業誌に寄稿する常識ない奴が人の事をどうこう言うなよ。低俗だな。
皇室の「男系」の説明もデタラメだし、内容も支離滅裂。具体的に間違いを指摘してくれた人たちを罵倒するのは人間としてどうなのか。
“もの書き”と語ってほしくない。作家とはこんなゲスな生物ではないから。:

ーそれでもバカとは戦えー (適菜収・作家)
百田も有本香も監修の谷田川も、間違いを指摘してくれた読者に謝意を示すどころかアンチだ左翼だと罵倒する恥知らず。

『本を購入し、具体的に間違いを指摘してくれた人たちを罵倒するのは人間としてどうなのか。』
自分の間違いを認めることができたくなったら、人間は終わり
まあ、百田尚樹氏が「日本人としての美徳」に欠けると言うのはよくわかりました。
アンチではなく「知」が追い込んだ安倍寄り作家の新著騒動(適菜収)

〈百田は「全体の1%にも満たない」と開き直ったが……

指輪3個を盗んだ泥棒が取り調べで「1個だけだ!」とドヤ顔で言うようなものだ。なお、その後の検証でコピペとされる部分は3%に達している〉
百田のすごいところは自分のバカさに気付いてないところだよな。異次元のバカだわ
>昨年11月の刊行なのに、帯に「平成最後の年に送り出す」とあるのは愛嬌だが、「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。
安倍シンパの百田氏のトンデモ本を平積みで売っている書店から本は購入しない運動をしよう!百田氏も作家失格者として追放しよう!
……百田の予想通り、発売後、歴史学者から批判が殺到することはなかった。事実誤認だらけで、歴史学者が相手にするようなものではなかったからだ……
それでもバカとは戦え
百田「全体の1%にも満たない」と開き直ったが、指輪3個を盗んだ泥棒が取り調べで「1個だけだ!」とドヤ顔で言うようなものだ。
なお、その後の検証でコピペとされる部分は3%に達している。
適菜収 それでもバカとは戦え:日刊ゲンダイ
@tim1134 @iwakamiyasumi
ゲンダイ師匠は今日もキレッキレやな!
” 昨年11月の刊行なのに、帯に「平成最後の年に送り出す」とあるのは愛嬌だが、「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。”
〈「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。〉
コピペ本を出した100田を「作家」というのは、あまりにもおこがましく、その範疇に入る人物に非ず、それを得意ヅラして宣伝する人物も同類項。
適菜収さんの『日本国紀』批判、Web版も来ましたね。素晴らしい内容なので未読の人はぜひ!
「私たちは何者なのか――。」というあおり文句には「バカなんじゃないですか」としか言いようがない。
バカなんです。。
「知性は馬鹿に屈しない」面白いフレーズだ。
《百田の予想通り、発売後、歴史学者から批判が殺到することはなかった。事実誤認だらけで、歴史学者が相手にするようなものではなかったからだ。》
反知性政府と捏造作家。
トンデモ本はこれまでもあったが『日本国紀』程コピペだらけというのも。笑
不思議なのが編集に携わった有田香。外語大卒で『ヒストリーの語源はストーリー』デタラメだと気付かなかった?
百田日本国紀、クソミソにやられている。
@J_geiste @rondan_net 日刊ゲンダイで「日本国紀」評 「知性はバカに屈しない」
以上

記事本文: 【安倍晋三】アンチではなく「知」が追い込んだ安倍寄り作家の新著騒動|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事