TOP > その他のニュース > 【カルロス・ゴーン】共犯者扱いに激怒 大物サウジ実業家が検察を訴える可能性|日刊ゲンダイDIGITAL

【カルロス・ゴーン】共犯者扱いに激怒 大物サウジ実業家が検察を訴える可能性|日刊ゲンダイDIGITAL

15コメント 2019-01-10 15:05  日刊ゲンダイ

 東京地検特捜部にご立腹のようだ。サウジアラビアの大富豪が、「ゴーンvs検察」の“仁義なき戦い”に参戦しそうな雰囲気である。 ゴーン容疑者の特別背任容疑のひとつは、日産子会社からサウジの実業家ハリド・...

ツイッターのコメント(15)

共犯者扱いに激怒‼️ 大物サウジ実業家が検察‼️を訴える可能性
あっちでもこっちでもコトを荒立てる日本の為政者は、ヤケクソでまるで一家心中ならぬ一国心中を企てているかのようだ。(2:51)
「ジュファリ氏が訴えを起こすことは可能。名誉毀損は民法上、不法行為に当たる。損害賠償請求を受ける相手は検察になるので、国の不法行為として国家賠償請求することになる。現地の裁判所に訴訟を提起すると、日本の裁判所に対して『御国を被告とする訴えがなされた』
“元特捜検事で弁護士の郷原信郎氏は、「検察はジュファリ氏の実名を公表していません。訴えを起こすとすれば、勝手に実名報道した日本のメディアに対してではないか」と指摘した。” / “【カルロス・ゴーン】 大物サウジ実…”
…腐り切った巨悪検察とマスゴミを是正するチャンス。腐敗の解明から腐れ安倍自民党の解体に結び付くことを祈る。
日刊ゲンダイ
私見:日本で訴えても安倍友裁判官が阻むだろうが、日本の信用を棄損
@tim1134 @iwakamiyasumi
検察からゴーン容疑者の“共犯者”扱いされているサウジアラビアの実業家ハリド・ジュリファリ氏。「支払いは正当なビジネス目的」と検察の主張を真っ向から否定。「自分が犯行に関わっているという検察の見方は名誉毀損
バカな日産の現社長とバカな検察(官邸)の起こした日産クーデターでゴーン氏に恩をあだで返し、国際問題にまで発展して世界的に批判される側に回ってしまった日本。マジでどうすんのよ?日本のイメージだだ下がり中。ゴーン氏の助け借りずに倒産させとけばよかったんじゃ。
悪徳官僚に成り下がった検察・頭の悪い安倍晋三の手先に成り下がった検察 に 鉄鎚を下してくれ‼️
商習慣も違えば法律の根本思想や条文も違うので、いくら国際法があるとはいえ、外国同士で法律でもめると面倒ではあるな。検察を擁護する気はないが、16億ポンは、日本的にはおかしいと思うわ。
検察からゴーン容疑者の“共犯者”扱いされている、サウジアラビアの実業家ハリド・ジュリファリ氏。「支払いは正当なビジネス目的」と検察の主張を真っ向から否定。「自分が犯行に関わっているという検察の見方は名誉毀損」と主張しています。
東京地検特捜部(=日本国)でもポチのメディア(→👨🏻‍⚖️が代理人なら朝日新聞かな🤣)でも、訴えりゃ面白いのに😂
日本に来なよ、逮捕だよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR