TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 安倍政権で研究費...

安倍政権で研究費ジリ貧 日本からノーベル賞が出なくなる|日刊ゲンダイDIGITAL

42コメント 登録日時:2018-10-04 06:11 | 日刊ゲンダイキャッシュ

「基礎研究をシステマチックかつ長期的な展望でサポートして、若い人が人生を懸けてよかったと思えるような国になることが重要だ」――。ノーベル医学生理学賞の受賞から一夜明けた2日、京大の本庶佑特別教授はそう語った。 現状はどうなのか。研究開発費の推移を調べると、お寒い状況が浮き…...

Twitterのコメント(42)

基礎研究の重要性を理解できないおバカな政権に批判すらしない民意の低い日本は、この先人口も激減、「技術大国」も過去の栄光となり果てるのだろう。
馬鹿な大学教授たちが「軍事に結びつく研究は拒否する」とかぬかすから、その弊害が出てるだけだ。コンピュータやインターネット、GPSや人工衛星も、もとは軍事研究から生まれたものだ。国力を増強したければ、軍事研究は欠かせない。
"さらに驚くのが、研究開発費の政府負担割合だ。日本はわずか15.41%で、主要国から大きく引き離されて最下位(別表)。しかも、安倍政権発足前は16%超だったのに、発足後の2013年から右肩下がりなのだ。"
基礎研究のおかげでどれだけの恩恵を受けているか。
地味だけど素晴らしい研究に従事する人を、育てるお金を政府は出すべき!
(定:オリンピックと同じで税金で買うならいりません)さらに驚くのが、研究開発費の政府負担割合だ。日本は主要国から大きく引き離されて... / “ 日本からノーベル賞が出なくなる|日刊ゲンダイDIGITAL”
多くの人が警鐘を鳴らしてきた。大学改革も研究を阻害している。今、賞が取れるのは過去の遺産。
日本の官民合わせた科学分野の基礎研究費総額は、2007年度以降、17~19兆円で推移するが、その政府負担割合はわずか15.41%で、世界主要国中最下位。しかも安倍政権発足前は16%超だったのに、発足後からは右肩下がり
“安倍政権は2015年度から「安全保障技術研究推進制度」を導入。国の防衛分野の研究開発に役立つ基礎研究を民間企業や大学に委託、カネを出す制度で、“研究者版経済的徴兵制”といわれている。(中略)16年度予算6億円に対し、17年度は110億円に急増している。”
研究開発費の政府負担割合だ。日本はわずか15.41%で、主要国から大きく引き離されて最下位。しかも、安倍政権発足前は16%超だったのに、発足後の2013年から右肩下がり
私達の税金を正しく使って欲しい‼‼
過程を無視して結果だけ寄越せの日本人様がこの現状を作り出した罪だな。
どんな分野にしても基礎は大事。
基礎無くして発展も応用もない。
技術立国から軍事大国へ――早く、安倍首相を引きずり降ろさないとそんな国になってしまう。
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」(経済評論家・斎藤満氏)
「安倍政権のような基礎研究に対するスタンスでは将来、ノーベル賞受賞者が出なくなるだけでなく、もはや日本は技術立国とは言えなくなってしまいます」“ 日本からノーベル賞が出なくなる”
安倍は自分と同じように国民を白痴化したいらしい、安倍と同等、またはそれ以下の馬鹿ばかりなら何でも好き勝手が出来る「美しい馬鹿の国」学者や芸術家等の知識人を虐殺し根絶やしにした独裁者ポル・ポトのようである
…さらに驚くのが、研究開発費の政府負担割合だ。
日本はわずか15.41%で、主要国から大きく引き離されて最下位。しかも、安倍政権発足前は16%超だったのに、発足後の2013年から右肩下
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」
日本という国を破壊し続けているのが安倍晋三
>さらに驚くのが、研究開発費の政府負担割合だ。日本はわずか15.41%で、主要国から大きく引き離されて最下位(別表)。しかも、安倍政権発足前は16%超だったのに、発足後の2013年から右肩下がりなのだ
老人向け生涯学習に巨費を投じるなら、奨学金返済免除と大学への交付に振り向けよ!だろう。
自己が所属する死の商人、三菱財閥が儲かる軍事研究だけにカネをまわす安倍。
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」(斎藤満氏)
幼稚で子供の 近視眼的判断力。


経済評論家 斎藤満氏 談『…現在の安倍政権のような基礎研究に対するスタンスでは将来、ノーベル賞受賞者が出なくなるだけでなく、もはや日本は技術立国とは言えなくなってしまいます』
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」(評論家・斎藤満氏)
安倍政権のやっている事は「骨太の政策」とは裏腹に日本を骨粗鬆症にすることばかり。
研究者版経済的徴兵制と言われる軍事目的の科学研究費は、16年度予算6億円に対し17年度は110億円に急増している。
安倍政権自民党が続けば技術大国から軍事大国になってしまうだろう。
アベ政権のおかげでいろいろなところに弊害が出ています。日本国に住むすべてのひとたちまじ怒ろうぜ!
このまま基礎研究が軽視され続けると、日本の科学技術が衰退する。
それでもほぼ毎年のように日本からノーベル賞出てるけど。それをどう説明できるんかね?
なんでもかんでもアベノセイダーズw
:これはヒドイ!基礎研究の国家の出費はOECD最下位だ。オリンピックなどにはジャブジャブ出すのに。科学研究は国の富を生むのだ。バカどもに任せられない。
「10年以上横ばいで増えていない」「安倍政権発足前は16%超だったのに,発足後の2013年から右肩下がり」「基礎研究の重要性をまったく理解していません.一方で,軍事強化につながる基礎研究には力」 日刊ゲンダイ
日刊ゲンダイ(10/4)
アホぼん三世が、研究開発費の政府負担割合を引き下げ、主要国で最下位にした。こういうのは意識的計画的な反日政策。お人好しの日本人は、どうしてもそこがわからない。認めようとしない。教育を破壊して、米国のために戦争する国へ。その見返りは長期政権だ。
地道な教育・研究を軽視する安倍内閣。
「勉強はしなかった。要領は良かった。」世話係さんの言葉。
要領だけでは、ノーベル賞はとれるはずがない!
あの山中教授でさえ、寄付・支援を募っているような国だもの。
オワッテル。
技術の遅れた国は「軍事大国」にもなれんでしょうな。
愚かな政権とそれに投票する国民のせいで、国が廃れていきますね。
;
安倍政権になってから、軍事強化への基礎研究予算だけ16年度6億円に対し、17年度は110億円に急増しているなんて。知らなかった。
昨今のノーベル賞ラッシュは、過去の遺産によるものですから。
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」(経済評論家・斎藤満氏)
「目先のことしか頭にない安倍政権は、研究開発とりわけ、基礎研究の重要性をまったく理解していません。一方で、軍事強化につながる基礎研究には力を入れています」
本庶佑氏のノーベル賞受賞で基礎研究の重要さが見直されていますが、日本の研究開発費の政府負担はわずか15.41%。主要国から引き離されて最下位です。一方、安倍政権の軍事強化への基礎研究予算は16年度6億円に対し、17年度は110億円に急増しています。
以上

記事本文: 安倍政権で研究費ジリ貧 日本からノーベル賞が出なくなる|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事