TOP > その他のニュース > 靖国の“源流”…安倍首相が参拝した琴崎八幡宮の意外な歴史|日刊ゲンダイDIGITAL

靖国の“源流”…安倍首相が参拝した琴崎八幡宮の意外な歴史|日刊ゲンダイDIGITAL

 11日から14日まで選挙区の山口県で過ごした安倍首相。12日に本籍地の長門市にある「元乃隅稲成神社」、13日に自宅のある下関の「住吉神社」と連日参拝していたが、気になったのが14日の選挙区でもなく縁の薄い宇部市にある「琴崎八幡宮」の参拝だ。安倍首相がわざわざ出向く、何か理由があ…...

ツイッターのコメント(14)

安部総理は勇気を出して靖国神社参拝をして欲しい❗今のままでは意気地無しとしか見えない❗・・・・・
アベのお気に入り神社"貞観元(859)年に建立した琴崎八幡宮 靖国神社初代宮司となる青山清1864年の禁門の変の犠牲者を祭り、これが「招魂祭」の起源となった。長州藩が招魂祭を東京でも行うため、大村益次郎が東京招魂社を建立し、後に靖国神社と改称されたという歴史”
「ひと通り見学した昭恵は『いいお宮ですので、ぜひ主人にもご紹介します』とおっしゃっていました。すると、先月中旬に総理秘書から連絡があって、今回、安倍首相の参拝が実現しました」
拡散❗❗❗


『…近隣諸国への配慮から靖国本体への参拝は控えている安倍首相だが、総裁選のためにも“靖国の源流”に参拝することでシンパへのメッセージを送った形か。』
ほんと何やってんだよ
貞観元(859)年に建立した琴崎八幡宮だが、…
後の靖国神社初代宮司となる青山清は琴崎八幡宮で1864年の禁門の変の犠牲者を祭り、
これが「招魂祭」の起源
長州藩が招魂祭を東京でも行う為…
靖国は長州の産物、セゴドンも一時朝敵になり奉られなかった、今は大元の天皇さんが見放している
11日から14日まで選挙区の山口県で過ごした安倍首相

12日に本籍地の長門市「元乃隅稲成神社」
13日に自宅の下関「住吉神社」
14日は宇部市の「琴崎八幡宮」の参拝

琴崎八幡宮のHP
「当八幡宮は靖国神社の源流となった神社であり
維新の歴史に深く関係する神社」
「ひと通り見学した昭恵夫人は『いいお宮ですので、ぜひ主人にもご紹介します』とおっしゃっていました。すると、先月中旬に総理秘書から連絡があって、今回、安倍首相の参拝が実現しました」
いつもの日刊ゲンダイ。
そのうち、墓参りしただけで批判しだすな。(´σ `) ホジホジ
総理自ら参拝することで、新たな「聖地」を開拓しているのか。/
安倍首相が参拝した琴崎八幡宮の意外な歴史
“昨年12月には昭恵夫人がこの神社に参拝”
“「ひと通り見学した昭恵夫人は『いいお宮ですので、ぜひ主人にもご紹介します』とおっしゃっていました。すると、先月中旬に総理秘書から連絡があって、今回、安倍首相の参拝が実現」”
14日に安倍首相が参拝した「琴崎八幡宮」のHPには「靖国神社の源流となった神社」と記載されています。近隣諸国への配慮から靖国神社への参拝を控えている安倍首相が、選挙区でもなく縁も薄いこの神社に参拝したのにはそれなりの理由があったのです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR