TOP > その他のニュース > 自公は原発隠し 小泉元首相の“乱入”で波乱の新潟県知事選|日刊ゲンダイDIGITAL

自公は原発隠し 小泉元首相の“乱入”で波乱の新潟県知事選|日刊ゲンダイDIGITAL

 原発立地県の首長選が安倍首相の行く末を左右しそうだ。24日告示された新潟県知事選(6月10日投開票)。野党5党推薦の池田千賀子元県議と、自公が「支持」する前海上保安庁次長の花角英世氏の事実上の一騎打ちとなったが、ある“乱入者”の登場でガ然、池田陣営に追い風が吹き始めた。…...

ツイッターのコメント(10)

この国に安倍の息のかかった奴らはいらない。
小泉純一郎元総理は、脱原発と嘘つき安倍の3選阻止を後押ししている。
女性の感覚は未来を守ります。#池田ちかこ さんを応援し新潟から安倍政権にNOを!
選挙は結果がすべて、Aの三選阻止と脱原発の人気取り便乗の乱入も、使える切り札で勝に導け
日刊ゲンダイ「 小泉元首相の“乱入”で波乱の新潟県知事選」:「『県知事選では原発ゼロを訴える候補者に当選してもらいたい』と」
安倍政権の行方を占う選挙。ほんとうに、安倍政権の終わりにしてほしい…。→
現役時代の小泉はろくでなしだったが、最近は反原発で筋を通しているのは立派だ、息子は我慢がならないが親父はいい線だ、頑張れ反原発陣営
🙈そだね🙊……🙉だよね
< 小泉元首相の“乱入”で波乱の新潟県知事選> メディアの世論調査によると、池田氏は出馬表明当初、花角氏に3ポイント差をつけられていたが、小泉の登場で状況は一変した。
「小泉元首相の登場でその戦略は崩れました。有権者に『反原発の池田VS推進の花角』の構図がハッキリと印象づけられてしまいました」〜小泉元首相など、到底好きになれないが「原発0」の姿勢だけは評価しよう❣
こいつも厚顔無恥だな
新潟県知事選が安倍政権の終わりの始まり
公明党は、安倍政権の泥舟にいまだに乗っている。
以上
 

いま話題のニュース

PR