TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 大半の庶民は追い...

大半の庶民は追いつめられる…可処分所得の減少と負担増|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

16コメント 登録日時:2018-01-03 06:57 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 2018年は大増税元年。増税メニューが次々と国会で審議される。年収850万円以上の会社員らの所得増税に始まり、たばこ増税、森林環境税、観光促進税……と負担増ラッシュ。19年秋には消費税率10%引き上げも控えている。 ただでさえ、サラリーマンの「手取り」は年々減り続けてい…...

Twitterのコメント(16)

市中金利が3%にならないと庶民の懐は暖まりません。しかしそのためには国債の発行を止める勇気が必要です。利子3%では国債の償還ができないからです。
▼「安倍政権でこんなことになるなんて、なんで教えてくれなかったのよ」

「聞かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、(我々に)何の不都合もないからね」
民主党政権下頃が懐かしい(涙)
全ては国の制度が悪い
安倍政権が続く限り、庶民生活は成り立たなくなる運命である。
喜んでいるのはトランプ大統領とアベ友だけ!?
…「庶民の負担増と引き換えに、トランプ米大統領と“アベ友”たちを喜ばせるなんて、ムチャクチャな政権です」。
消費は冷え込み、景気は悪化の一途
国民から毟り取った税金で、米国に乞われるまま1機100億円超えの戦闘機を何十機も追加購入しちゃう安倍政権w
エコノミスト 斎藤 満氏
「庶民から巻き上げたカネを安倍政権が何に使うのかといえば、米国から“爆買い”する、決して使うことのない高額兵器や、規制緩和や特区制度をネジ曲げて仲間内の利益に消えるだけでしょう。」
「庶民から巻き上げたカネを安倍政権が何に使うのかといえば、米国から“爆買い”する、決して使うことのない高額兵器や、規制緩和や特区制度をネジ曲げて仲間内の利益に消える」〜“国難”をエサに「改憲」さえできれば良いのであります(晋三)
カラッカラに干上がった庶民のサイフから、さらにフンだくるとは血も涙もない冷酷政権だ。安倍政権が続く限り、庶民生活は成り立たなくなる運命である

大半の庶民は追いつめられる…可処分所得の減少と負担増|日刊ゲンダイDIGITAL
民間感覚ゼロのあの人が首相でいる限りこうなるわな。消費を抑えないと。
「2018年 この近未来を徹底検証 大半の庶民は追いつめられる…可処分所得の減少と負担増」(日刊ゲンダイ) 「大半の庶民は追いつめられる」は当たりですよね。覚悟しませんと…。   @tim1134
カラッカラに干上がった庶民のサイフから、さらにフンだくるとは血も涙もない冷酷政権だ。
じわじわと真綿で首を閉められるような暮らしが続いてるのに、怒りの矛先が政治に向かわないのは何故だろう?目に見える形で文句を言わないと何も変わらないのに。不思議の国ジャパン。
以上

記事本文: 大半の庶民は追いつめられる…可処分所得の減少と負担増|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL