TOP > その他のニュース > ミスター共産党が見た安倍政権 「歴代自民政治をも否定」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

ミスター共産党が見た安倍政権 「歴代自民政治をも否定」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

 安倍政権ほど国会審議を軽視し、議会制民主主義を冒涜した歴代政権はないだろう。森友、加計問題をめぐる数々の疑惑には一切答えず、国民の多くが反対の声を上げていた「共謀罪法案」に至っては、委員会審議を途中で打ち切って本会議で採決(中間報告)という「禁じ手」で強行成立させてしまった。傲…...

ツイッターのコメント(52)

しかしながら、野党には共産党嫌いが紛れ込んでいる。この連中が折角の野党共闘を潰す。そして、連合が労働者を分断する。戦後の自民党が今の社会構造を想像し、分断による差別醸成した。
自民党の得票率は60年代末~90年代初めまで40%台を割ったことはありませんでした。しかし、自民党は14年12月の総選挙でも、比例得票率は33%。野党4党は計34%。今の自民は「架空の多数」にすぎない。
「安倍政治は、危機をあおることが政権の存在感を示し、右翼路線を国民に浸透させる手段だと信じ切っている」
「自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきたわけですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった。」と不破氏は喝破している。加えて腐敗現象が露骨に現出している。
切れ味鋭い不破さんの安倍政権分析。必読。
「自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきたわけですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった。これが最大の特徴だと思います」
不破哲三氏による、明確な論考と指摘。安倍政権の特質は、戦前回帰志向、小選挙区制による架空の多数派、国家・政治・政党の私物化、閣僚の劣化、国際社会のルール無視、軍事的脅威の扇動。
「日本は外国から侵略戦争という強い批判を受けていることを心に留める必要がある」安倍政権は違う。閣僚が侵略戦争を美化する発言をしたり、教育勅語を肯定する答弁書を閣議決定したり、世界が警戒することを平気でする。歴代自民党政治をすら否定
日本会議の伊藤哲夫氏が〈憲法第九条に三項を加え、『但し前項の規定は確立された国際法に基づく自衛のための実力の保持を否定するものではない』といった規定を入れること〉と安倍へ提案。
狂惨党は 実は宮本ケンジ・此奴・志位で分かるが 霞ヶ関並みの東大偏重だ 尤も霞ヶ関は 東大法以外ほゞ問題外だが キョウサンは学部は不問(ー_ー) 朝日と似てる(^_^;)
ずっとまともな見解だと思うよ。
『安倍政治というのは歴代自民党政治をすら否定しているのです』 →
「北朝鮮のミサイル発射問題をめぐり…安倍政権の外交姿勢というのは軍事的対抗措置を強めることしか頭にない。世界で最も軍事的脅威をあおっている」
不破哲三>北朝鮮のミサイル発射問題をめぐり、国連の閣僚級会合で「対話」の道が模索されていた中、「核ミサイル計画を止めない限り、対話はあり得ない」と言っていたのは日本の岸田外相だけ
ミスター共産党が見た安倍政権
共産党を推すわけではないが至極全うと思う。
特別報告者の報告書は現地調査を踏まえた、非常によくまとまった内容です。国際社会からみて、今の日本が極めて危険な国になっていると判断したため、緊急の質問状を日本政府に出したのです。
「安倍首相の「加憲」案は、日本会議派のこの提案をそのまま取り入れたもので、しかもその提案を5月3日の日本会議派の集会に、…
今の自民党は291の議席を獲得した14年12月の総選挙でも、比例得票率は33%。一方の野党4党は計34%で、本当は野党が上回っていたのです。つまり、今の自民党勢力というのは「架空の多数」にすぎないのです
自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきたわけですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった。と
「歴代自民政治をも否定」これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった
安倍首相の「加憲」案は、日本会議派のこの提案をそのまま取り入れたもので、しかもその提案を5月3日の日本会議派の集会に、その提案通りに「やります」と報告した。それも党に一切相談することなく、「党と政府の方針」とした
これ共産党だけの見解じゃないもんね。誰が見てもそう。
誠にもってごもっとも
「自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきたわけですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった。これが最大の特徴だと思います。」
架空の多数!自民。国民はきちんとみてる!
「公党と国政の完全な私物化」
昭和にあった「重さ」が消えてしまった現代。好んで「軽さ」を演出してきた現代。|
69年12月の自民党の得票率は47・6%、72年12月も46・9%。
今の自民党は14年12月の総選挙でも、比例得票率は33%。一方の野党4党は計34%、野党が上回っていた。つまり、今の自民党勢力というのは「架空の多数」にすぎない。
今の自民党勢力というのは「架空の多数」にすぎないのです。
閣僚が侵略戦争を美化する発言をしたり、教育勅語を肯定する答弁書を閣議決定したり。世界が警戒することを平気でする。安倍政治というのは歴代自民党政治をすら否定しているのです。
キーは「政権の私物化」→
「140字」に収まる中身を30分しゃべる“安倍話法”対する共産党重鎮。理論整然と、なるほど、安倍首相の薄っぺらさが際立たつ。
日刊ゲンダイの良い記事。応援ツイート。------
今の自民党勢力ちゅーのは「架空の多数」に過ぎぬ。とおっしゃっています。一般教養科目を受けてるだけの学生だって、疑問を感じてるところだ。何とかしたい→
自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきたわけですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思想が加わった。これが最大の特徴だと思います。
「安倍政治というのは歴代自民党政治をすら否定しているのです。」

「歴代自民政治をも否定」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
不破さん元気だ
不破哲三にインタビュー。
現状分析に於ける見識は流石にしっかりしてますね。ですが野党の今後に関してはもっとドラスティックなことを言える若いリーダーが必要でしょう。>
140字という制限のあるツイターでは、一部の要約をも表現できないほど、深い内容の記事です。
ご一読をおすすめします❣
「戦前回帰というウルトラ右翼の思想」「今の自民党勢力というのは「架空の多数」」「危機をあおることが政権の存在感を示し、右翼路線を国民に浸透させる手段」 「歴代自民政治をも否定」|日刊ゲンダイDIGITAL
憲法9条に3項を加えることによって,9条を空文化させるというのは日本会議のアイデアだったんだ.

「歴代自民政治をも否定」(日刊ゲンダイ)
「歴代自民政治をも否定」「戦前回帰というウルトラ右翼の思想」「“架空の多数”にすぎない」

たまたま「腹心の友」、俺は知らない――というのは政治の世界では通用しません。森友、加計は首相の政治の私物化。
ホント、支持率が15%台にまで低下した事もある森政権の時とは、一体何が違うんだって話よな。消極的自民支持な有権者さん方よ?
「今の自民党は291の議席を獲得した14年12月の総選挙でも、比例得票率は33%。一方の野党4党は計34%で、本当は野党が上回っていたのです。」不破時代から共産党が小選挙区制に一貫して反対してきたのはよく覚えている。
:自民党をぶっ壊した安倍政権⁉️
注目の人 直撃インタビュー 特別報告者の報告書は国際社会からみて今の日本が極めて危険な国になっていると判断したため緊急の質問状を日本政府に出したのです。ところが、日本政府は報告書を
質問:今の安倍政権をどう捉えていますか。
不破氏:自民党は結党来、財界密着、対米従属を基本路線としてきた訳ですが、安倍政治というのは、これに戦前回帰というウルトラ右翼の思…
不破哲三氏:昨夏の参院選で実現した野党共闘は、日本の戦後史上初めて。市民の声が政党を突き動かした。安倍1強という異常な政治体制が、戦前回帰のウルトラ右翼を生み出す一方で、市民と野党の結集を促した。この動きは今後も大きな力になる。
@nikkan_gendai


私物化政治が生む国民の分断
安倍友優先は腐敗の温床
傲慢な政治は後世への災厄
汚い手法はブーメランとなる
都議選のさなか司令官の逃亡
敵前逃亡は万死に値す
射的覚悟で衆前に立て❗️
夏にふさわしく怖い話、しかも実現性がある分より怖いよ。
以上
 

いま話題のニュース

PR