TOP > その他のニュース > 日本の政治を著しく歪める創価学会と公明党の「急所」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

日本の政治を著しく歪める創価学会と公明党の「急所」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

 先日、元公明党議員の話を聞く機会があった。創価学会、そして公明党が陥っているアイデンティティー危機は想像以上に深刻なようである。何よりも、カリスマ的指導者に祭り上げられてきた池田大作名誉会長が、もはや巨大な学会組織の統合力としての機能を失っている。周知のように、池田は2010年…...

ツイッターのコメント(22)

2016/12/01 公開の記事です。
こんなカルト宗教と寄生虫政党ぶっ潰してやるのが世のため人のため
当の支援者達はこの現実を理解できないんだよな。( *・ω・)ノ
「もちろんすべて本部スタッフの代作である。」大作と代作をかけたのか?
←『池田大作氏が八王子のどこやらにおいでになったという記事があったが、勿論写真などあるはずもなく・・そもそもご存命なら何歳かもわからないが・・』
・アイデンティティー危機は想像以上に深刻
・池田大作名誉会長が、もはや巨大な学会組織の統合力としての機能を失っている。
・「正常な判断力を示すことができない生ける屍」

1日
「教団が危機に陥れば陥るほど、権力からの介入・弾圧を恐れて限りなく自民党にすり寄っていこうとしていることで、これが日本の政治を著しく歪める原因となっている」
「教団が危機に陥れば陥るほど、権力からの介入・弾圧を恐れて限りなく自民党にすり寄っていこうとしていること」>
(-_-;)ほんっと迷惑だわ…

| 日刊ゲンダイDIGITAL
フォロワーさんにも創価の人いるからきいてみたいな…こんな感じなんでしょうかね?
意外と脆い?
「平和の党」の誇りは何処。
学会それ自体がどうなろうと世間とは無関係だが、問題はこの教団が公明党という政治部隊を抱えていて、教団が危機に陥れば陥るほど権力からの介入・弾圧を恐れて限りなく自民党にすり寄っていく事で、これが日本の政治を著しく歪める原因となっている
ゾンビ自民と公明が与党とんだブラックユーモア☻の 池田大作名誉会長が、もはや巨大な学会組織の統合力としての機能失っている。重病で「正常な判断力を示すことができない生ける屍」


『…それに対して…「創価大閥」は、もうこんなことはやめて、連立解消、小選挙区制撤退、平和の党に戻ろうという路線…』
学閥争いが根底にあるのか。知らなかった。
学会用語で「お元気な」は池田先生に掛かる枕詞ですね。本部幹部会の中継でも登壇者は必ず「お元気な池田先生・奥様に見守られて」云々。 / “ | 日刊ゲンダイDIGITAL”
彼らは組織崩壊を恐れて自民党にしがみつこうという路線に徹している。
公明党は今や完全に第二自民党、支持組織には貧しい底辺の人が多いのにその人たちの福利などを考えず右へ右へと独走する、危険な政治団体だ
= 日刊ゲンダイ
以上
 

いま話題のニュース

PR