TOP > その他のニュース > 労働規制打破の裏で…竹中平蔵氏“パソナ関連予算”倍増計画|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

労働規制打破の裏で…竹中平蔵氏“パソナ関連予算”倍増計画|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

49コメント 登録日時:2015-02-20 07:44 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 農業、労働など“岩盤規制”の撤廃にシャカリキの安倍首相に政府の有識者会議の一員としてハッパをかけてきたのが、慶大教授の竹中平蔵氏(63)だ。竹中氏は元日のテレビ番組で「日本の正規労働ってのが、世界の中で見ても異常に保護されている」と言ってのけた。こうして労働者を守る規制を破壊す…...

ツイッターのコメント(49)

原因として、メディアが公務員とか官僚を目の敵にしてきた結果の隙間産業に人材派遣会社が参入したからじゃないのかな。もう庶民の味方のフリをして煽って部数を伸ばす論調には飽きた。 / “労働規制打破の裏で…竹中平蔵氏“パソナ関連予算”…”
経営層としては正しい動きだが、だからこそこの人を政策策定の傍に置くのはどうなのかって話なんだろ /
お役人と仲良くするのはイイとこだよ。ウチも年度末で役所の予算消化で俺から見ても仕事する価値あるの?と思えるような仕事を貰って来たよ~ん。いまww
やれやれだぜ。
労働規制打破の裏で…
竹中平蔵氏“パソナ関連予算”倍増計画

「コールセンター事業はパソナの主要ビジネスのひとつ。」

竹中氏
「日本の正規労働ってのが、世界の中で見ても異常に保護されている」
とんでもない話だと思う!:
竹中氏は元日のテレビ番組で「日本の正規労働ってのが、世界の中で見ても異常に保護されている」
自民、維新、両方関わっているのがこの人物。
笑顔で近づき、魂を奪う。メフィストフェレスそのものだな。>
おやおや。
〈竹中平蔵氏…「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話である〉(『日刊ゲンダイ』)
竹中氏が深く関与しているのが、内閣府に設置された「官民人材交流センター」事業だ。13年に国家公務員の早期退職募集制度が施行されたことに伴い、再就職などの支援を行っている。
日刊ゲンダイ

マイナンバー事業受注を虎視眈々と狙い
残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけ
せっせと自社に税金を還流
竹中=パソナ=創価学会。「派遣元どこ?」「パソナです」「そうかそうか」
「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で、労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとんでもない人(-_-) →
余計な手間と経費をかければかけるほど儲かる竹中平蔵。そして人手は24時間または365日定額使い放題。
まさに血税にたかる害虫(´・ω・`)
@kanamenakanishi: ” 竹中氏も「守銭奴」の一員ですね。
「「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話である」
内閣府に設置された「官民人材交流センター」事業で、企画競争による随意契約で、業務を独占受注しているのが、人材派遣大手の「パソナ」。
よーく見ておかんとこの男のやる根回しは
若者達を地獄に落とす
おっさん達を路頭に迷わす
「政府の有識者会議のメンバー」として「正社員」廃止を喚く売国奴竹中平三だが、奴の本音は本業である派遣大手パソナグループの利権拡大と自らの報酬アップなのだ!
庶民を貧しくさせて税金はしっかりと自分の懐に入る仕組みを作るこの男。
この守銭奴のやること成すことが盗人に等しい所行⇒
「慶応のお坊ちゃま黙っておっちゃんの講義聴いてるの?君たちは、金持ちであることから、金子教授よりこの平蔵の方が「歓迎」されているのか?安倍と共に社会的に葬るべき。」
こいつが出てくると、話が胡散臭くなる( ̄0 ̄)
🔶
「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で・・せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話。
格差増大の張本人、安倍の親友竹中。ここまで来ると安倍は公私混同。
「竹中予算」倍増計画⇨
≪「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話である。≫
労働規制打破の裏で パソナ関連予算倍増計画 「竹中氏が深く関与しているのが「官民人材交流センター」事業だ。15年度予算案をみると、官民人材交流センターの予算は前年度の2億6300万円から2億8600万円に増額されている」
ここは、どんどん追及して欲しいぞ、ゲンダイさん!
予算案をみると、官民人材交流センターの予算は前年度の2億6300万円から2億8600万円に増額されている。実は昨年夏の概算要求時点でセンターは前年比ほぼ2倍の5億900万円の
ちなみに 「日本の正規労働ってのが、世界の中で見ても異常に保護されている」 はまったくのウソなんで。番組では森本さん、荻原さんはしっかりと反論できずにいたんやけど。...
日刊ゲンダイ(2/20)労働規制打破の裏で…竹中平蔵氏“パソナ関連予算”倍増計画:「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話
「「残業代ゼロ」や「裁量労働の拡大」で労働者を痛めつけようとしながら、せっせと自分の会社に税金を還流させるとは胸クソ悪い話」
なべてる先生に政商納言のブログを書いてもらわにゃ。
そんな事だろうと思っていたが/
さすが、気分悪い→
雇用を潰す竹中
「竹中氏が深く関与しているのが、内閣府に設置された「官民人材交流センター」事業…業務を独占受注しているのが、人材派遣大手の「パソナ」」
小泉と竹中が日本をダメにした 安倍は北朝鮮と同じ独裁みたくなってきた
ホンマに胸糞悪い…
竹中=パソナ、菅直人=ソフトバンク。
こいつが生きている限り、日本の労働者の所得は増えないし、使い捨て労働がふえるだけ!→
労働者固有の権利を岩盤寄生なぞとぬかし、破壊し利をせしめんと企む、卑しい卑しい口入屋風情が、脱税の常習犯の屑野郎、竹中を血祭りにあげるぞ!
農業、労働など“岩盤規制”の撤廃にシャカリキの安倍首相に政府の有識者会議の一員としてハッパをかけてきたのが、慶大教授の竹中平蔵氏だ。竹中氏は元日のテレビ番組で「日本の正規労働って
「企画競争による随意契約で、業務を独占受注しているのが、人材派遣大手の「パソナ」だ。」
パソナは自衛隊員の再就職を一手に引き受けている。そのうち募集=徴兵にも絡んでくるだろう。
以上

記事本文: 労働規制打破の裏で…竹中平蔵氏“パソナ関連予算”倍増計画|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事