【カルロス・ゴーン】カルロス・ゴーン被告、逃亡の果てに待ち受けていたレバノンでの過酷な生活|日刊ゲンダイDIGITAL

(現代イスラム研究センター理事長/宮田律) 日産自動車元会長の・カルロス・ゴーン被告(67)が英BBCのインタビューに答えた記事が、7月14日に配信された。そこには、日本での拘留が数カ月にわたり、保釈...

ツイッターのコメント(44)

ゴ~~~ン 日産時代が天国、今は地獄の以下であろう。金は国家の没収され、今頃どうして生きているのか、食い物もなく。これぞ、ご愁傷さまだ~~~~~
もう日本には来ないでね
ゴーンさんの生活の現実については、まるで触れてないのが草。
生きてんのかな…
非常に胸がすく話だわwww
は?ゴーンほど金持ってりゃ贅沢してるかもしれ
ん。見てきてから書けよ

カルロス・ゴーン被告、逃亡の果てに待ち受けていたレバノンでの過酷な生活(宮田律)
こいつをなんとか捕まえる方法はないんかね。盗人猛々しいとはまさにこれ
カルロス・ゴーン被告、逃亡の果てに待ち受けていたレバノンでの過酷な生活(宮田律) 因果応報

しかし、彼がその対価を支払うのはまだ始まったばかり

待つのは生き地獄である
レバノンの豪邸は日産の資産とかなんとか争いになってなかったっけ?(ーー;)
 
PR
PR