【カルロス・ゴーン】レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機|日刊ゲンダイDIGITAL

(宮田律/現代イスラム研究センター理事長) 8月4日、レバノン・ベイルートの港湾地区で発生した大爆発は、100人以上が死亡し、4000人以上が負傷した。ベイルート中の建物のガラス窓が壊れ、その振動は2...

ツイッターのコメント(12)

酷いデマ記事。ゴーン氏の家も「破壊détruite 」されたと報じたのはブラジル紙でキャロルさんの言葉を大げさに報道。AFPの記者が実際に見に行ったら家は無事だがおそらく窓ガラスが壊れた程度(endommagé)
と書いている。写真付きで。現地取材もせず憶測の誹謗中傷記事
また楽器ケースに隠れて逃げるのか。
腐敗した富裕層だけ困ればよかったのに。
・ゴーン被告
ゴーンの行く先々で、不幸が起きる。コイツは疫病神か??日本に帰ってこなくていい。中国か?韓国に行ってちょ〜だい。
やあ、ゴーン。変わりないかい?
> その振動は260キロ余り離れたキプロス島にまで達したという

東京から愛知県で約238キロらしいから恐ろしいな
こういうのは特に中国で見慣れてるから、「大爆発→国の情勢」っていう風に即連想したのはロボに限らないだろうけど、やっぱりそういう状態か。とりあえず今はゴーンなんかどうでもいいだろ(; ̄ー ̄)
『レバノン大爆発…逃亡したカルロス・ゴーン被告に迫る深刻な危機』
以上
 
PR
PR