【新型コロナウイルス】派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化|日刊ゲンダイDIGITAL

 新型コロナウイルスによるパンデミックが職を奪っている。緊急事態宣言が全国すべてで解除されたが、その間の休業、閉店により従業員の解雇、雇い止めが急増してきた。 厚生労働省によると、新型コロナによるとみ...

ツイッターのコメント(12)

「リーマン・ショックではまず派遣社員が切られ、その後、製造業等の正社員の解雇が始まりました。うちも今、正社員の解雇の相談が増え、新型コロナでも同じことが起き始めている。9月決算が発表される頃と、年末の迫る12月に社員の解雇が集中してくると思います」
自民党に投票した罰です。
報いです。
どこにも投票しなかった罰です。
自業自得です。

巻き込まれた人たちは、こいつらを罵りましょう。

【 12月には正社員の解雇が本格化】
雇用する側に有利に調整弁が緩和されてきた労働者派遣法が問題なんです」
安倍首相は「暮らしと雇用を守り抜く」と何度も強調するが、この言葉に安心して気を緩めてはいけない
"安倍首相は「暮らしと雇用を守り抜く」と何度も強調するが、この言葉に安心して気を緩めてはいけない。"

安倍さんは約束したことがないので、これは起こりますね。
ひしひしと。>
ゲンダイ購読しとる場合じゃないな。:
ほんとうに?リーマンの時いい加減ヤになったけど、働かせ改革で手取りが減り、年齢的に職が見つからずしばらく失業手当でしのいだ。自民党政権になって空気が痛くなった。繰返してはいけません
これから待ち受ける正社員の解雇?
派遣社員は1~3ヶ月で契約を更新するので次に雇い止めが増えるのは6月、正社員の解雇は9月決算の頃と年末に集中するとの予想。
以上
 
PR
PR