TOP > その他のニュース > 【新型コロナウイルス】コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる|日刊ゲンダイDIGITAL

【新型コロナウイルス】コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる|日刊ゲンダイDIGITAL

 厚労省は29日、新型コロナウイルスによる業績悪化などで解雇されたり雇い止めされたりする見込みの人が27日時点で994人に上ると明らかにした。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化してきた形だが、これは序の口だ。最悪のケースでは失業率が25%超という高さになる恐れもある。 米…...

ツイッターのコメント(28)

自殺が相次ぐのを防がねばならない。
非正規から確実に切られる。この世界情勢では、同一労働同一賃金は泡沫のごとく虚しく聞こえるだろう。今雇用されてる人は、まず雇用維持に努めること。藁をも掴む気持ちで「しがみつく」ことを優先。諦めなければ、光明は必ずさす。
厚労省は、新型コロナウイルスによる解雇雇い止め人が27日時点で994人に上ると明らかにした。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化、これは序の口だ。最悪のケースでは失業率が25%超
失業率だけではなく、企業や商店、サービス業などの倒産・廃業も激増、相対的に自殺者数も跳ね上がる。
政府の無策無能が国民や日本経済を阿鼻叫喚の修羅場に追い込んだのだ。
雇用の規制緩和が生み出した危機。真剣な対策が急務。「非正規雇用が増えたのは、いざという時の雇用調整を簡単に行えるようにするため。今のような事態を想定した制度、真っ先に切られる可能性がある」。「 失業率25%超が現実味おびる」
元記事。25%じゃ済まないでしょ。まだ坂道の入り口だから。あと3年でどん底まで落ちる予測がされてる。
この状態でも、未だ動かない政権!何人殺すつもりか!ワザと感染者を増殖・拡散の厚生労働省!検察も動け!
金を出したくない政府は、感染拡大だけでなく、失業者の拡大も防げない。
%超という高さになる恐れも…。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化してきた形ですが、これは序の口。真っ先に切られるのは雇用調整弁のパートやアルバイトです。
「日本で非正規雇用が増えたのは、いざという時の雇用調整を簡単に行えるようにするためです。今のような事態を想定した制度ですから、真っ先に切られる可能性があります」
厚労省は新型コロナウイルスによる業績悪化などで解雇されたり雇い止めされたりする見込みの人が27日時点で994人に上ると明らかにした。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化してきた形だが、これは序の口だ。最悪のケースでは失業率が25%超という高さになる恐れもある
最悪のケースでは失業率が25%超という高さになる恐れも…。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化してきた形ですが、これは序の口。真っ先に切られるのは雇用調整弁のパートやアルバイトです。
市場の状況に合わせて適切なリストラを行うことこそ、その後の復活を早める正しい対策なのは間違いない。

けども『真っ先に切られるのはパートやアルバイト』これがまずい。

やるなら効果を鑑みて役に立たない管理職を切るべき。

氷河期世代の発生で学んでないのか?と。
派遣や契約などを除くパート・アルバイトは約1500万人。彼らが潜在的な失業者で、彼らが失業すれば、日本の失業率も25%を超えます」
又あの時代に逆戻り?悪夢が始まろうとしている。
「日本で非正規雇用が増えたのは、いざという時の雇用調整を簡単に行えるようにするためです。今のような事態を想定した制度ですから、真っ先に切られる可能性があります」って、俺かも。
たまったま自分の業種はテレワークも出来るし直接的ダメージがほとんど無い。これは本当にラッキーだった。ダメージ大きい方には申し訳ないのだが。

しかし結局はお客様がダメージを受けたらうちの社もダメージを受ける。何も変わりはしない・・・
でクビ切り本格化
?
現実味おびる
日本で非正規雇用が増えたのは、いざという時の雇用調整を簡単に行えるようにするため。今のような事態を想定した制度ですから、真っ先に切られる可能性があります。彼らが失業すれば、日本の失業率も25%を超えます。
「日本で非正規雇用が増えたのは、いざという時の雇用調整を簡単に行えるようにするためです。今のような事態を想定した制度ですから、真っ先に切られる可能性があります」・・・つまり人の事を吹けば飛ぶような将棋の駒として見ていない!
「失業率25%超」の
最悪事態に現実味 ・・・‼️
国民のみなさん。この期に及んでオリンピック1年後にやるとか言って命を軽んじている人に自分の命をまかせていいんですか。
最悪のケースでは失業率が25%超という高さになる恐れも…。コロナ禍のクビ切りがいよいよ本格化してきた形ですが、これは序の口。真っ先に切られるのは雇用調整弁のパートやアルバイトです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR