TOP > その他のニュース > 医療費“過去最高”で負担増大「社会保障制度」は破綻寸前!|日刊ゲンダイDIGITAL

医療費“過去最高”で負担増大「社会保障制度」は破綻寸前!|日刊ゲンダイDIGITAL

 2018年度の概算医療費は42・6兆円で、前年度比約3000億円の増加となり2年連続で過去最高を記録した(厚生労働省「18年度 医療費の動向」9月26日公表)。注目されるのは75歳未満の医療費が減少しているのに比べ、75歳以上が全体の16・4%を占め、前年度比で約4000億円増…...

ツイッターのコメント(14)

医療費を押し上げる大きな要因となっている酒とタバコに医療保険負担金を上乗せして販売すれば良い。非常に単純な受益者負担
日刊ゲンダイ 2019/10/24
高齢者住宅で見れば年金で細々と生活してる人が居る反面、生活保護を受給している人の方が偉そうだし💦理不尽な時代よ…
医療費“過去最高”で負担増大「社会保障制度」は破綻寸前!(日刊ゲンダイDIGITAL)安楽死認め、飲み込み出来なくなったら治療中止で延命措置は消極的にし、80以上の透析は中止すべき!そうしないと老人もボケて寝たきりで長生きして辛いし、国滅んで老人有りになり大変だ!
石油大国ベネズエラが貧困国となったのも社会福祉や最低賃金上昇させて物価高騰させて紙幣が紙くずとなったからな。
国債発行して、私らの命を守って!→
原発やコンクリート、軍事などにムダ遣いしている予算をAI、ロボット産業等先端産業へ特化させ、AIロボットによる人間労働代替を急速に進めるとともに、それらが生み出す価値をBIですべての国民に還元し、狭義の労働をしなくとも皆が生きていける社会システムをつくることだ。
医療費“過去最高”で負担増大「社会保障制度」は破綻寸前!(日刊ゲンダイDIGITAL)
高齢者勘弁してくれよ。

 
>日本は社会保障により、「国民皆保険」で誰でもどこでも平等に医療を受けることができる。しかし、すでに医療を含め社会保障制度は、時代のニーズに合わなくなってきていることは明らかだ。
「後期高齢者になるとほとんどの人が何らかの医療、介護の世話になる、人生100年などの歌い文句はまやかし物‼️」
2018年度の概算医療費は42・6兆円で、前年度比約3000億円の増加となり2年連続で過去最高を記録した(厚生労働省「18年度 医療費の動向」9月26日公表)。
100万以上が2万になるのをやめるしかないよ💩
2018年度医療費が前年比3000億円増と、2年連続過去最高を記録。注目は75歳未満の医療費の減少に比べ、75歳以上が全体の16.4%を占め、前年度比で約4000億円増えている点。日本の社会保障制度が、時代のニーズに合わなくなっていることは明らかです。
以上
 

いま話題のニュース

PR