10連休で大ピンチ 非正規労働者の家族と生活はどうなる?|日刊ゲンダイDIGITAL

 今年のGWは史上初の10連休。仕事で休めずボヤいている人もいるだろうが、働けるだけマシかもしれない。仕事が休みになることで不安を抱えているのが、非正規労働者たちだ。10日も仕事がないと、彼らの生活は...

ツイッターのコメント(16)

★派遣、非正規で事務職をしている34歳女性は、「給料は時給計算ですから、10連休は厳しい。月収の3分の1がなくなるわけですから」とため息。
時給制・日給制の非正規労働者が困窮することを全く考慮せず、官製10連休にしてしまい、高級国民はレジャーに浮かれている。565億円の非正規の賃金の損失に対し、給与補償せよ。
連休→どこか行きたいけど金も無いので行けない、子供が不憫→こんな10連休なんて要らない…
別に子供は不憫でもなんでもないけどな。ヒトはヒト、ウチはウチ。
言い出したの誰だっけ?菅?
10連休だから月の給料が三分の一になるって文句は大げさでおかしくないか?
毎年GWはあるんだし。
今回特別に飛び石をなくした特別休みは2-3日じゃないの?
全く、誰がお願い致します多くをの人を非正規雇用に向けてたの?
小泉さんでしたっけ。。。
言われてみると確かにそうだな。給料1/3は辛い😭
マスコミは10連休で困る人々のことをもっと報道すべきなのだ。
働かなくて良い人、働かざるを得ない人、働けなくて大変な人。“ゴールデン”ウィークではない人が多すぎる。10連休て、時給で働く非正規の人を徹底的に無視している発想やったんやな…

「給料は時給計算ですから、10連休は厳しい。月収の3分の1がなくなるわけですから」
子どもたちの間でも、家族でどこかへ出かけられる子と、そうでない子がいます。体験の格差はさまざまな影響を及ぼします。余裕のある家庭の連休の過ごし方をテレビなどで見て疎外感を感じることもあるかもしれません
「政府は消費喚起だけに目を向けず、不利益を被る人がいないかに目を配ったり、家計支出を軽減する政策が必要です。給与の引き上げはもちろんで、お金がなくても豊かな時間を過ごせるような地域コミュニティーの再形成も欠かせません」
「どうなる」っていっても、どうにもならないですよね。
大型連休で非正規が苦しめられるのは、今に始まったことじゃない
連休でこの国の格差が見事に表出する訳だが、問題はマスコミがお仲間でもある「上級国民」の過ごし方しか報じず、いつも通り、格差を不可視化する点だ。★
格差が大きく出るGWです。連休明けは景気が悪くなると予想しています。
以上
 
PR
PR