【ウクライナ侵攻】プーチン大統領が企む残虐行為の「証拠隠滅」…激戦地ハルキウに“片道切符”で虐殺部隊を再投入|日刊ゲンダイDIGITAL

ツイッターのコメント(15)

虐殺部隊を生きる望みのない激戦地に投入して、口封じか。/
違法行為を死をもって隠蔽しようとは、すさまじい冷血非道ぶり。
<2週間後には40歳以上とみられる年上の兵士が現れ「誰も彼も虐待し、それから大量虐殺が始まった」>ソレ、アゾフのことやろうがなモシ。・・・❖プーチン大統領が企む行為の「証拠隠滅」…激戦地ハルキウに“片道切符”で虐殺部隊を再投入
真偽は分からないが、事実とすれば、大量虐殺の証拠隠滅のために、虐殺に参加してロシア兵には「片道切符」しか渡されてないという。事実とすれば、プーチンの体内を流れる血液は、4℃ではなか?
「「虐殺部隊」の違法行為を死をもって隠蔽しようとは、すさまじい冷血非道ぶりである。この戦争は、日を追うごとに醜悪になっている。」
都合の悪い部隊を激戦地ですりつぶすって、どっかで聞いたような。
僕に証拠があるわけではないが、感想は
「日刊ゲンダイはアホか!ロシアがそんなことするわけねぇだろ!第一ブチャの話がロシア軍によるという前提で記事書くな、ボケ!」
”「虐殺部隊」の違法行為を死をもって隠蔽しようとは、すさまじい冷血非道ぶりである。この戦争は、日を追うごとに醜悪になっている“
プーチン大統領が残虐行為の証拠隠滅激戦地ハルキウに“片道切符”で虐殺部隊を再投入 旧日本軍と同じ暴挙
玉砕と報告して生き残った兵士を
最前線に送り生きて返さない
生き残るのは大本営と
責任転嫁の現地将官
生前水木しげるさんも言っていた
黙祷
「最前線で残虐行為を働いているのは、チェチェン共和国の『カディロフツィ』や、傭兵としてリクルートされたシリア兵の可能性もあります...と
…「プーチン大統領としてもチェチェン人やシリア人を『身代わり』にしたいと考えているはず。」プーチンは安倍か。
殺人鬼の狂人たちが国中を殺戮して歩いたのだ、橋本よお前の言った逃げろでは到底殺人鬼からも逃げきれないのだ、このクソ弁護士が良くも言ったもんだ。
以上
 
PR
PR