【新型コロナウイルス】緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?|日刊ゲンダイDIGITAL

 19都道府県に発令されている緊急事態宣言と8つの県に適用されているまん延防止重点措置は、9月末の解除で調整に入った。28日の新型コロナ感染症対策本部会合で正式決定されるが、東京都中央区で小さなバーを...

ツイッターのコメント(8)

個人店を中心にみんななくなって焼け野原みたいに•••😥
飲みに行くところがなくなってしまった😥
って言って、時短要請❓️飲食店へ要請=金💰️=税金or国債❓️まぁ...死にたい人は浮かれて呑みに行くのは個人の自由。しかし浮かれた人を受け入れる飲食店の人達は危険を受け止めることになる。ヤバいな😥死ぬよ☝️マジで😎
協力金を貰うだけもらって解除したら店を畳む。

理解に苦しむ。

確かに長期間の休業要請は心身ともに負担はあったと思うが解除されたタイミングで廃業するのは???

飲食店でも一括りで見ないで欲しい。

それは金融機関に対しても言えること。
動画編集で、飲食業の力になりたい。
個人経営の飲食店は協力金貰えなくなるから逆に辞める選択肢も…( ゚д゚)うーむ…深い
「休み癖」「心が折れた」

理解できない。以上!

━━━
【新型コロナウイルス】緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?|日刊ゲンダイ
以上
 
PR
PR