【東京五輪】医薬品消える緊急事態 薬剤師悲鳴「東京五輪なんて無理」|日刊ゲンダイDIGITAL

 今、病院で処方してもらう処方薬が市場から一気に消え始め、調剤薬局や医薬品卸が薬を求めて走り回る大騒動が起きている。連日製薬会社から、医薬品回収や欠品、出荷調整(オーダー休止)情報が相次いでいるのだ。...

ツイッターのコメント(209)

メモ|【東京五輪】 薬剤師悲鳴「東京五輪なんて無理」|日刊ゲンダイDIGITAL
小林化工は…オリックスグループの一員。本来医業と関係の無いリース業の会社が、M&Aで傘下にした形だ。安倍政権下で、ジェネリック薬品への置き換えを一気に加速させる規制改革の本丸となったのは、日本経済再生本部…その民間議員である竹中平蔵氏は、オリックスの社外取締役
マジでやばそう…
正直、勤め先でもいつもなら買えてた部材が買えなくなったりしてる。
海外の工場ストップなんかも影響してる…
安心安全の五輪みたいな夢想家は、いらない
現実がみえる人間は政治家にいないのか?

選挙もできないのなら、国民の意見を反映させる手段は革命しかない
此処にも竹中抜き平蔵の影‼️
アヘ晋三と伴に我が国を四等国家に貶めた大罪人だ‼️
小林化工にオリックスが出資はしていてもグループにはしないやろ。
小林化工は、実はオリックスグループ。本来医業と関係の無いリース業の会社が、M&Aで傘下。安倍政権下で、ジェネリック薬品への置き換えを一気に加速させる規制改革の本丸となったのは、日本経済再生本部だった。その民間議員である竹中平蔵氏は、オリックスの社外取締役だ。
〈小林化工の混入事件に端を発し、他社の医薬品の事故や品質問題も次々明るみに→先発オリジナル医薬品を含む代替薬品への注文が殺到、約半年分は各社で保持するとされる在庫も枯渇、医薬品不足の「緊急異常事態」〉

薬剤師悲鳴
ちょっとこれめっちゃこわい話なんだが…。去年の12月から業務停止は終わってもまだ再開目処立たない小林化工、他社も杜撰見直し、各社半年でストック枯渇、現状で綱渡り状態って…。>
 
PR