TOP > その他のニュース > (2ページ目)【新型コロナウイルス】新型コロナウイルスは3日間滞留、弱点は湿度=米で報告書|日刊ゲンダイDIGITAL

(2ページ目)【新型コロナウイルス】新型コロナウイルスは3日間滞留、弱点は湿度=米で報告書|日刊ゲンダイDIGITAL

14コメント 2020-03-14 17:56  日刊ゲンダイ

 従来は「感染者との濃厚接触がなければ感染はない」と思われていたが、そうした楽観論が打ち砕かれることになった。 更にこの報告書によれば「ウイルスは空気中であれば3時間は生存するが、銅製品の表面であれば...

ツイッターのコメント(14)

@sinakya_benkyo WHOがなんと集団免疫はできないという報告を覆したニュースが飛び込んできましたね・・これで死亡max0.04%に低下・・ただのインフルエンザになりました(インフルエンザの死亡者=年間2万人) 22.22度 湿度50% 2月の沖縄は歴史的暑さで4月は逆・・発生者の推移を見ていて納得。
その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。
これ本当だったら、これから乾季に入るからなあああ。

『その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。』
COVID-19のウイルスは空気中で3時間、プラスチックなどの表面の場合には3日間ほど滞留する」
そのため「ヒトは空気感染や媒介物による感染リスク」
湿度に弱いという弱点も明らかに。加湿器を使い湿度50%でセ氏22.22度)にすればウイルスの活動が収まることが判明した。
@helon660428 おはようございます。新型コロナウイルスは湿度に弱いそうです。山陰は湿度が高いので感染者がいないのはそのためでしょうか?😅
環境次第で結果は変わる。

『弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明』

新型コロナウイルスは3日間滞留、弱点は湿度=米で報告書
アメリカの「COVID-19 媒介物報告書」より

「空気中で3時間、銅製品の表面で4時間、厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2~3日にわたって生存」

湿度に弱く、加湿器を使い、湿度50%で摂氏22.22度で、ウイルスの活動が収まることが判明。
要約すると、以下の通りである。「COVID-19のウイルスは空気中であれば3時間、プラスチックなどの表面の場合には3日間ほど滞留する」。そのため、「ヒトは空気感染や媒介物による感染リスクにさらされることになる」。
私的には朗報。新型コロナウイルスはプラスチックなどの面では9日生存すると聞いていたので、それより短い。湿度に弱い。50%なら他のウイルス並みだ。(2ページ目)【新型コロナウイルス】新型コロナウイルスは3日間滞留、弱点は湿度=米で報告書|日刊ゲンダイDIGITAL
> 弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。

それなら、シンガポールは?
22℃湿度50%でウイルス活動が収まる報告

本当か?梅雨以降に期待が持てる内容。またプラスチックに付着したなら2~3日耐えるとあり、こまめな手洗いが必要。買い物した商品のパック類の除菌が優位性を帯びる
サウナとロウリュ、最強か。脱衣所とかくつろぎ処は注意か。
「その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。」
今度は加湿器が売れるのかw

その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。
"「ウイルスは空気中であれば3時間、銅製品の表面であれば4時間、厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2~3日にわたって生存する」湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まる"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR