TOP > その他のニュース > 電通に続き関電…大企業ほど陥る“過労死”なくならぬ理由|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

電通に続き関電…大企業ほど陥る“過労死”なくならぬ理由|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

21コメント 登録日時:2016-10-22 08:15 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 電通の新入社員・高橋まつりさん(当時24)の過労死認定で波紋が広がっている。電通の関連会社が厚労省の立ち入り検査を受け、3年前にも同社の30歳社員が過労死していたことが明るみに出た。さらに関西電力の40代社員の自殺が過労死に認定されるなど、働き過ぎが世間の耳目を集めている。…...

Twitterのコメント(21)

ブラック関電 ⇨
社員も保身をかけて働いているので、やめることができないが、会社はより一層負担を強いるという日本の会社の体質なのでは?
中小なめんなよ (-∀-`; )ともいえる
過労死になるほど長く会社にいてパワハラされたり、セクハラされたのでは、会社を成長させる良い知恵なぞ出る訳がないだろう。。
「長続きしませんよ」
「大企業の経営トップにも“自分が若いころは眠らずに働いた”と自慢し、“社員は死ぬ気で頑張れ”と号令する人がいる」(ジャーナリストの溝上憲文氏)

22日
対人恐怖症の定義がおかしくないか? 電通に続き関電…大企業ほど陥る“過労死”なくならぬ理由(日刊ゲンダイDIGITAL)
過労と云うより精神疾患を産み出す労働環境、ビジネス社会の問題なんやろねホントは。過労なら倒れて入院とか病気にかかるわけだから…
エリートほど、責務も重い!
そもそも中小企業=給料が低くなるという考えが古い
大企業でも社畜・・・奴隷だ。笑
嫌ならやめること。日本ではそれが終身雇用で難しくなるんだなぁ。
一昔前とか年長者なら分かるんだけど、今時若い人で終身雇用を意識してる人なんてどれぐらいいるんだろうか。
「欧米人は個人主義ですが、日本人は組織への帰属意識が強い。会社に尽くそうと考えるのです。“お家のため”という武士道の滅私奉公精神。
武士が「会社」につくしたなんて聞いたことない。心酔するリーダーならわかるけど
嫌な事には正直に嫌といえる世の中がいいですね→
この筆者、ピントずれてると思う→「大企業や有名企業の社員ほど会社に固執し、自分を追い込んでしまうのだ」
無駄な手続きが多すぎてな
法治国家日本において、こういう致命的なリスクを未然にヘッジする為にも、常に国民全体が我が国の司法に対するアジャスト力と、情況を的確に裁定する理解力の向上を図る事が最優先事項かつ基本事項やけどね。#拡散希望
| 日刊ゲンダイDIGITAL
今は会社は必ずしも生活を託せるものではないよ。
日刊ゲンダイ|

『…人はイヤな仕事を押し付けられると精神的に参ってしまうが、好きな仕事なら耐えられるという…「嫌だ」と思ったら、退職を模索したほうがいいということだ。』
以上

記事本文: 電通に続き関電…大企業ほど陥る“過労死”なくならぬ理由|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事