【小山田圭吾】小山田圭吾氏の謝罪から1カ月 それでも止まらぬ批判…許される日は来るのか?|日刊ゲンダイDIGITAL

 かつて、複数の雑誌で"障がい者いじめ"について語っていたことで批判を浴び、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任した小山田圭吾氏(52)。9月15日には、文春オンラインで小山田氏の...

ツイッターのコメント(17)

日刊ゲンダイの記事。事実誤認はあるなと思いましたが、専門家の方に話を聞いた部分については私は前向きな印象を持ちました。
見守る期間が2ヶ月足らずと思いのほか短かかったことに戸惑っている。

SALLiA「トレンドなるままに」
「まだ持ってるわ、このRO…」
オシイレニ ( ´-ω-)y‐┛~ アルハズ…
もう忘れてた。
傍観者もイジメの加害者とか無い。人殺しを止めなければ人殺しの共犯?自己防衛は当前。
イジメをする奴が頭おかしいだけ。
何十年も十字架を背負わなくてはならないのか?も間違い。数ヶ月十字架を背負っただけ。
クズだったんだ残念。それだけ。
なぜいつも贖罪と向き合わなかった、沢田さんが許してない、の前提で語られるのか謎。
社会全体の背負うべき十字架に小山田さん一人を引き合いに出すから、結局社会に在する個々が身近な物として捉えられずに炎上だけで終わるのよ。
いじめの話より、癌患者が苦しむのを楽しんでいたという方が、精神的にきたかな。だから、こいつが死ぬまで許さん。
いじめ加害者に優しい社会作りをしてきた結果<<だから筑豊では、元校内犯罪者が教頭先生様になっていらっしゃいます。植木φと糸田φね。
「しかし、小山田氏が雑誌で"いじめ自慢"をしてから30年以上が経つ。彼は一生十字架を背負い続けなくてはならないのか。」ってなんだよ.被害者にとってはまだ終わってないんだぞ.それにこの人責任とってないよね?

それでも止まらぬ批判…
同じ日に出ている記事なのに、business insiderさんの記事とは随分視点とクオリティが違うなあ😩

【小山田圭吾】 それでも止まらぬ批判…許される日は来るのか?|日刊ゲンダイDIGITAL
「日本は『いじめ加害者』に優しすぎる国といえる」「ニュージャージー州でいじめに関する“事件”(中略)大学のゲイの同級生を盗撮し、ネットでライブ配信し、自殺に追いやった2人のルームメイトは、プライバシーの侵害やその他10の罪状で、刑事裁判にかけられた」

小山田さんを掲載した雑誌は読者のレベルが低い
音楽聴くのはせいぜい30才迄
仕事が忙しくなり結婚して子供ができて娯楽雑誌を読む暇ないです
その年齢で読むのはビジネス書です

【】 それでも止まらぬ批判…許される日は来るのか?
30年も前の事を全く関係ない他人が許せない!って息巻いているのは
全く理解出来ないね。

それでも止まらぬ批判…許される日は来るのか?(文・SALLiA)
この男は死んだ時も、あのイジメの奴で終わりを迎える。
それでも止まらぬ批判…許される日は来るのか?(文・SALLiA)
は一生罪を背負うべきことをしたと思う。今さら雑誌記事は盛った話だったと弁明しても、年賀状を晒された被害者の許しを得ていないのに信用できない。
以上
 
PR
PR