TOP > その他のニュース > 【小室哲哉】“介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性|日刊ゲンダイDIGITAL

【小室哲哉】“介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性|日刊ゲンダイDIGITAL

 音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)が妻で歌手のKEIKO(47)に離婚を切り出し、すでに東京家裁に関連書類が提出され、今年に入って5回の調停が行われていると報じられた。「女性を不幸にする男はどこまでいっても変わらない」「残念な方」「軽蔑に値する」と、世間の反応は非難…...

ツイッターのコメント(14)

金が有り余ってる頃でも引きこもってゲームしてるだけなのに、人間性を問う自体が間違ってる
どーでもいいけど、ショボい音を作る人の根本には、ショボい思想がある事は確か!
問われる小室哲哉の人間性(日刊ゲンダイDIGITAL)
いや・・・嘘で塗り固められた男だったということか。
最低のクソ野郎。
側にいる人を不幸にする男
知り合ったのが運の尽きだね。。
問われる小室哲哉の人間性(日刊ゲンダイDIGITAL) 天才はどこかが人より大きく欠落している。
まあ昔から変わらないっちゃ変わらない。

【小室哲哉】 問われる小室哲哉の人間性|日刊ゲンダイDIGITAL
おるおる。こーゆーひと。
戸籍も心も汚れてるし、なんの悪気も無く思いやりも無く人情も無く責任感も無く。
なんとも、なんとも.... 人気絶頂の頃からメロディーラインも人間性も偽臭かった。しかし、クズ振りもここまでになるとご立派と言いたいくらい。情けないねぇ、実に情けない。
小室哲哉の人間性は昔から変わってないのでは。。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR