TOP > 国際 > 人工知能が経済格差と貧困を激化する | 田中秀臣 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

人工知能が経済格差と貧困を激化する | 田中秀臣 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

53コメント 登録日時:2016-10-26 17:56 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

街角経済学ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(53)

概ね同じだが、描く未来の解釈が違うな
防御策としてのベーシックインカム
"2045年では、雇用の大半が人工知能に置き換わるだろう。井上氏の推計だと、日本の人口の1割しか働く人がいなくなる。そして世界経済が深刻な「技術的失業」の危機に直面するのではないか、というのが井上氏の大胆な仮説"
俺はこの田中さんの本とか凄いわかりやすくて好き。
//…ベーシックインカムとは、一定の所得をすべての国民に与える政策である。これによって猛烈に生じるはずの摩擦的失業…需要不足の失業の両方に対応できる。
自然界に局所的に存在する文明社会を維持する為のマンパワーが不要になれば、穀潰しが浪費するマテリアルやエネルギーをAIが管理するマシンにを割り当てた方が効率的なので駆逐数は増えるのは理の当然
現在のサービスの大半がコスト安とされるAIに置き換わり、その恩恵を貧困層が受けるのであれば今と変わらない?程度を定義するのが難しい。
こういう技術革新後の世界を想像するのって、それがたとえ暗い未来だったとしても、“楽(たの)し”だな。/
ロボットにガンガン働いてもらってベーシックインカム需給で問題なし!!
現段階の未来はAI/ROBOTを駆使する多国籍企業が世界を支配する。格差極大の後、労働者=消費者がいなくなり、自由主義経済が破綻する。AI/ROBOTの所有形態=個人か企業か国家かを綿密に設計するなら、労働から解放されたユートピアも
ベーシックインカムで生活を維持する人が多くなったとき、その人たちは何を生きがいにするのだろう。生きがいを提供するのがまたビジネスとして生まれてくるのでしょうか。 / “ | コラム…”
「アルファ碁」はいわゆる汎用型AIと呼ばれるもので、碁というゲームに特化したものではなく、通常の人間と同じように碁のルールを学び、自分で(人間が現実には実現できない数量の)自己対局を繰り返すことで、みずから学習しただけだった。
”いわば人工知能のイノベーションに負けないだけの、お金のイノベーションも必要なのだ。”

お金のイノベーションとしてのベーシックインカムは大いにありだと思うな。
「人工知能は人手不足を解消する」とポジティブに考えるべきです。少子化問題を解決できるのでは?
ずっと言われ続けてるけど、BCとAIを一緒にやれば問題なくね
つまり雇われの単純労働の仕事がなくなるってことでしょ。
良いことじゃん。
人工知能がない状態でも最新機械が単純労働の仕事から人々を解放しているしね。
その囲碁で人間に勝ったっていうAIに麻雀やらせたらどういう打ち方するんだろうか?
デジタルだろうか?神頼みだろうか?笑 #麻雀
AIで代替できない労働は人間の自発的な欲望や衝動に基づいた「生命の壁」にかかわる領域のみ、ということねるが、多くの人がそう思っている領域もほとんど代替可能と思うねる。

人工知能が経済格差と貧困を激化する|田中秀臣|ニューズウィーク
あいかわらず人工知能が人間を超えるとか、職を奪うとか。AIを搭載したオモチャにしても車にしても、物品やサービスを供給する側、企業の話。消費者側じゃない。ここがポイントだろう。飲食業界なら、すべてAIが働くチェーン店になるのが理想像。
全然ウェルカム。自分の価値がそれだけしかないとわかって、価値を生み出せるような努力をして、自分の価値も社会もサービスも向上させてほしい。誰でも稼げるようなことで足を引っ張りあって楽して稼ごうという...
ベーシックインカムで生活コストを代替えし、趣味や事業を起こすのはクラファンで可能。井上さんの著書はkindleで購入。/
ベーシックインカム導入は絶対条件だまおもう。考える事が嫌な人と自ら何かを生み出す人の働き方が変わるだけ。現代社会も同じ。けど今以上に格差はできるだろうな / (New...
ベーシックインカムには賛成です。

AIによって"今ある仕事"のほとんどは取って代わるでしょう。そしてこれからは"新しい仕事"が続々と生み出されていくでしょう。AIには決してできない、人にしか、人...
ベーシックインカム。労働がAIに奪われるならただでお金をあげればいい。
このハゲ、素人すぎ。 経済社会は、そんなもんじゃない。すべてが標準化できるわけではなく。 それにしても、田中秀臣って、顔が気持ち悪くて苦手。 >
未来において資本主義が続いていたら、経済格差が開くのは真っ当

人工知能が経済格差と貧困を激化させる
悲観論といえなくもない。
ノストラダムスの大予言とか2000年問題の時もめちゃくちゃ騒がれたけど結局何もなかった。いざその時になってみるとなんてことはないんじゃないだろうか。 / (Newsw...
とっくにそうなってるし止まらんよ。表面上メディアがいくら地方移住をまくしたてて、政治がいくら地方優遇しても、現実は一極集中への流れが止まらないのと同じ。
格差は広がっても生活水準は上がる。一定の生活水準と機械の平等さえ保障されれば格差の広がりが悪には思えない。本気でなくすには資本主義や貨幣システムを変えないと無理
パソコンが普及し始めた頃も似た様なコト言ってませんでした?
人口知能の前に、インターネットがどう社会を変えたか思い出した方がいい。
煽り記事の方がPV稼げるってのはわかりますが。 / 人工知能が経済格差...
人工知能によって、無くなる職種や雇用もあるだろうが、それを推進しないと国際的な競争についていけなくなる事は明らかだ。弊害があるにしても、やらなければならない
超実力社会になりますな。
AIの労働によって人件費削減できるならその分法人税あげてベーシックインカムにあてるとかできないんかな。そんな簡単な話じゃないか笑 / (Newsweek日本版)
半分は正しくて半分は正しくないと思ってて、そもそも現状でも、人間がやってる労働自体に、あまり意味がない。
生命の壁を意識、意識、意識
自転車から原動機付き自転車へ
さらに大型バイクへと変化していったように
AIは労働の加速器、補助器としての役割を果たすと捉える方が正しいということですかね

2045年かー私は50歳手前…
情報弱...
楽観過ぎる論調も抵抗があるけど、ちょっと悲観的過ぎるとかんじるよなー。産業革命で人間の作業が機械に置き換わるかと言えばそうならなかった。同様に人間は創造的な仕事を中心にやると思うけどな。

人工知能が経済格差と貧困を激化
基本的には良いことだと思います。現状の世界で満足に生活できていない人がどれだけいるのかを考えると、その人たちの生活全てを改善するには、こういった技術革新は必ず必要です。

一方で扱う人間の質も高め...
ベーシックインカムは悪い案ではないと思うんだけど。→
2045年には殆どの仕事がAIに置き換えられ 日本人の1割しか働き口が無くなる? 考えるとゾッとする世界が直ぐそこに?😓
汎用人工知能は人間の脳がまだ未知な部分が多いので、まだまだ、難しいとかと★
これは興味深い情報ですね
▼ オ…
こういう文脈の記事これから増えるんだろうな。。 /
人工知能が経済格差と貧困を激化する(by 田中秀臣)
──2045年、雇用の大半が人工知能に置き換わる...防御策としてのベーシックインカム
人の欲は果てしない
使いきれないほどの富を持ち
あの世に持っていけないというのに
”人工知能に代替されやすい人たちとされにくい人たちとの間で、経済格差が生じる”、”「無人に近い格安レストラン」と「人間が対応する高級レストラン」にわかれてしまい”、”二極化が極端にまで進む”/
うーむ。機械化が単純労働を減らしたように、AIは技術労働を減らす可能性がある。代替されやすい\されにくい人たちの経済格差は拡がり、全体としての需要は減って、景気は低迷する。>人工知能が経済格差と貧困を激化する|
実現すれば産業革命来のシンギュラリティか
拡散希望:人工知能が経済格差と貧困を激化する|田 中秀臣| ──井上智洋著『人工知能と経済 の未来』について
人工知能が経済格差と貧困を激化する|田中秀臣|
──井上智洋著『人工知能と経済の未来』について
以上

記事本文: 人工知能が経済格差と貧困を激化する | 田中秀臣 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事