TOP > 国際 > 進む自衛隊とミャンマー国軍の将官級交流 クーデター首謀者も3度来日、安倍首相と会談 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

進む自衛隊とミャンマー国軍の将官級交流 クーデター首謀者も3度来日、安倍首相と会談 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(45)

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 どちらもまともじゃないですね。
| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 まともな軍隊組織ってないでしょうね。
これはあまりいい感じではないですね。
“日本ミャンマー協会の渡邊秀央会長は「ミャンマーの民主化は革命ではなく、軍が自らの手で実現した。この点は正しく評価されなくてはならない」と述べた。”
「日本国」とビルマ国軍とのパイプとは同盟関係に近く、日本製の武器を
売り込む相手でもある。
だから、「国軍」をまともに非難することはない!
《ミャンマー国軍と日本の政府、軍需産業の思惑は基本的に一致している》
◎こんなこと許されない。
※これは過去の交流の記録だが、日本政府と自衛隊は、現在のミャンマー国軍に対していかなる対応をしているのだろうか?
日本政府が何も声明を出さないのは容認しているのと同じ事。これが理由?
交流のあった自衛官や日本財団が今どんな気持ちか聞いてみたい。
【安倍政権は2014年6月の閣議決定で、武器輸出を原則禁止したこれまでの「武器輸出三原則」を緩和したからだ。新たに策定された「防衛装備移転三原則」では、武器輸出は条件を満たせば認められるようになった。

ミャンマー国軍と日本の政府、軍需産業の思惑は基本的に一致
防衛省制服組トップ山崎幸二統合幕僚長
ミャンマー国軍に対して「非武装の市民に軍事力を行使したことを非難する」との異例の共同声明を発表。

自衛隊とミャンマー国軍との交流成果が軍事クーデターという最悪の帰結に至った。

自衛官の無念さと怒りは計り知れないだろう
「日本政府とミャンマー国軍の思惑がどこにあったかは別にして、能力構築支援事業を人道支援と信じて現場で汗水たらしてきてきた自衛官の無念さと怒りは計り知れないだろう」(引用)
国軍を支え育てた安倍・菅政権と日本財団、一体に経済侵略、ODA、400以上の企業

<在日ミャンマー人らは、4月14日に日本ミャンマー協会、4月22日には日本財団の前で抗議デモ>
日本政府がクーデターを支持している事は間違いないな。
同じ穴の狢
こんなにどっぷり結びついているのに何も言えない日本政府
過去に自衛隊と「ミャンマー正規軍」の交流があったのは当たり前なので、問題は今年の2月以降、自衛隊がどういうスタンスでミャンマー国軍に接しているかどうかでしょう。
皆さんこれは読んでおきましょうね。? 今、何も語らない自衛隊は何を考えてるのかね。?
「ミャンマーの日本とのより強力な軍事関係は、中国への依存を減らし、武器購入源を多様化するための努力の一環。ミャンマーは現在、中国のみならずロシア、イスラエル、ウクライナなどから武器や装備を購入。武器輸出の制限解除で日本はミャンマーに軍事装備を販売も可能に」
ゾッとするというより、やっぱりな、という感じで反吐が出る。あの流血に我々の税金が使われているかもしれませんね。文字通り血税が。悲しいね。
"安倍政権は2014年6月の閣議決定で、武器輸出を原則禁止したこれまでの「武器輸出三原則」を緩和し…新たに策定された「防衛装備移転三原則」では…条件を満たせば認められるようになった…国軍と日本の政府、軍需産業の思惑は基本的に一致している"
日本は国際法に倣えと安倍議員は言うが、世界が批判し制裁をかけるミャンマー国軍を支援し、独自のパイプを構築して来たのは安倍議員自身ではないか。
「ミャンマー側の思惑は、けっして的外れとは言えない。安倍政権は2014年6月の閣議決定で、武器輸出を原則禁止したこれまでの「武器輸出三原則」を緩和したからだ。新たに策定された「防衛装備移転三原則」では、武器輸出は条件を満たせば認められるようになった」
安倍はガン
これはひどい。国民殺しの軍事国家と親和性の高い日本の与党、在ミャンマー大使、そして自衛隊。この国の政府はどこまで恥知らずなのか。
何やってんだ、安倍晋三、岸信夫防衛相、茂木敏充外務相

日本政府はアウンサンスーチー氏が率いる国民民主連盟(NLD)を、正式なミャンマー政府と認めるべきではないのか?
へー。自衛隊って、人をゴミみたいに虐殺してる奴らとオツキアイしてるわけだ。しかも、そいつらに武器を売りたいわけだ。
専守防衛、絶対に守り抜かなきゃ。ミャンマー国民の為にも。
日本の防衛当局とミャンマー国軍が急接近したのは2013年と(第二次安倍政権下)「ミャンマー国軍と日本の政府、軍需産業の思惑は基本的に一致しているとみられる。」
台湾の🇹🇼人達が最も嫌う飛ばし記事専門誌''Newsweek'' !
🇯🇵日本でも✈️飛ばし捲るNewsweek!朝日!AERA!変態毎日!TBS!
〝…安倍首相をはじめとする日本政府とミャンマー国軍の思惑がどこにあったかは別にして、能力構築支援事業を人道支援と信じて現場で汗水たらしてきてきた自衛官の無念さと怒りは計り知れないだろう。〟
うっかりしたら、自衛隊も反乱を起こすかもしれないって思った。
日本政府がミャンマーの軍事クーデター非難に今ひとつ及び腰なのは、こういう背景があったんですね。
べーアーはミヤンマーに武器を売りたかったのか。
「膨大な人員と予算を費やしながら進められた自衛隊とミャンマー国軍との交流成果が、軍事クーデターという最悪の帰結に至った。」記事より

菅総理がASEANで声をひそめる理由か😤
日本がダンマリ決め込んでる意図がよくわかる記事だった。。こりゃダミだ。
「武器輸出の制限が解除されれば、日本はミャンマーに軍事装備を販売することもできるだろう」おー成る程それも視野に入れてか。

 クーデター首謀者も3度来日、安倍首相と会談|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
前回の民主化の前の話を今持ち出す意図は何だ?プンスカ。いや、今のニッポンの対応がダメなことはわかってるけどさ。 ---
やっぱり日本は中国側のイギリスの敵国ということか
きな臭過ぎる…😱
クーデター首謀者も3度来日、安倍首相と会談 (ニューズウィーク)
また安倍前首相案件が出てきました。
日本ミャンマー協会
渡邊秀央会長
2017年
「ミャンマーの民主化は革命ではなく、軍が自らの手で実現した。この点は正しく評価されなくてはならない」
いつ首相に返り咲いた?
(ニューズウィーク日本版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR