TOP > 国際 > ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(82)

ここまでになったら武装集団が頼りになるのでは?
ええー!まじか…めちゃ危険だけど僕らはこれ以上どうもしてあげられないもんなあ…なんかできないかねえ…。 |
日本人であることを棚に上げていうのは心苦しいが、中国が国軍を支援している以上、諸外国の外圧で事態を好転させるのは不可能だと思う。内戦に発展する可能性は高い。「 市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族
以前ロヒンギャがスーチーを拘束したクーデターを歓迎って疑似も流れてたしミャンマー情勢は複雑だ
少数民族弾圧を支持しといて今度は頼ろうとするのか
>市民らは当初、諸外国からの外圧を期待
>だが(アメリカなどが部分的に制裁を発動したものの)ミャンマー国民を満足させるような動きは起きていない

基本的に同情するだけだからなぁ…
ロヒンギャも国民として認めると。>
「国軍への制裁を決議できなかった国連安全保障理事会も含めて国民は外圧に幻滅し、よりどころを少数民族の軍隊にシフトさせた。国民の中には少数民族軍を救世主と呼ぶ者もいる。」やはり内戦へとスライドしていってしまうのか。
「望ましいシナリオでもなければ、最も前向きな目標でもない。だが今のミャンマーには連邦軍(やその他の連合軍)構想以外にいいシナリオがない。国民はデモに参加しようが家でおとなしくしていようが殺されている。5400万人の国民が人質になっているというのが現実」
生々しい
ミャンマー国内で差別され続けてきた少数民族に対して、若い世代のビルマ人がスタンスを改め融和しつつあるのは良い話だが、
そこで唯一の希望と見られているのが少数民族の連合軍による国軍との武力衝突、つまり内戦。
このまま泥沼のような暴力の連鎖の中に入っていくのか。
市民に向けての攻撃理由が増えた。
国際社会が介入しないので、某国があの手この手で侵略、日本がすべきことをせねば。
ミャンマー国内情勢がさらに混迷化??民が国軍の暴力に対抗するには「かつて迫害してきた独立軍に」頼るしかないのか!!
少しでも犠牲少なく国軍を下ろせたらそれが良い。でも不謹慎ながら、少数民族と市民を繋ぐのが自ら考え、行動し、多様性を尊重するZ世代という構図に歴史や希望を熱く感じてしまうな。
平和を得るために、平和的な手段を持って行わなければならない。
目的を達成するために、手段を大切にするスーチー氏の言葉を思い出す。

しかし、多くの人が理不尽に暴力と抑圧に晒される中、どこまで理性的なラインを引くべきなのか、、答えがわからない
"少数民族側はCRPHの中心にアウンサンスーチーや彼女が率いる国民民主連盟(NLD)を据えることに対して非常に否定的だ。CRPHは国民の支持を得ているが、将来的な政府組織においてスーチーとNLDの影響力をどれだけ排除できるかがカギになる。"
民主活動家モンザルニ、KNOロンドン本部のクントイラヤン事務局長、在日ビルマロヒンギャ協会のゾーミントゥット副代表へのインタビュー。流石に歴戦の方々、題とは裏腹に地に足のついた内容
「状況打開できるのは反政府勢力の攻勢しかない」ってとんでもない状況だよなぁ…
むしの良い話ではあるけど、逆に言うと歩み寄りには絶好の機会なので、いっそロヒンギャを支援するのも有りかもね。
我が国は非介入だけど。
元々多民族国家ゆえの内戦状態は近代国家の限界と歪みの現れ。かと言って国家の殻が壊れれば一挙に大国に翻弄される。地政学的な要地であり火薬庫。
本格的な内戦に突入したとして、国軍には中国がつくだろうし、少数民族連合軍と国籍持ち若者義勇軍は内ゲバしそうだし。シリアか?
国軍に対するゲリラ戦に突入するとイラクやシリアのような混乱状態が長く続くことになってしまうが…
民衆、国軍ともに、自分たちが困難な状況に陥れば、「もし国軍or民衆打倒に協力してくれたら独立させてあげるよ!」というパワーワードを使い少数民族を操るんだろうな。そもそもその言葉がないと、わざわざ少数民族が都市部に出てビルマ族のために血を流す意味がないだろう。
これを読みながら各意見は尊重するとして沖縄からブラジルに移民した日系人にアイヌについて聞いている感じがしたのだけど。最近亡命した国の中枢にいた人は居ると思うのでその方に聞いた方がいい気がする。
今まで迫害してきた相手を頼るか…
「ある商業系と医科系の大学の学生自治会が、過去のロヒンギャ弾圧に対して公に謝罪声明を発表したのだ。虐殺を知りながら声を上げなかったことへの謝罪」
「大学の学生自治会が、過去のロヒンギャ弾圧に対して公に謝罪声明を発表したのだ。虐殺を知りながら声を上げなかったことへの謝罪だ。自らも軍の弾圧の犠牲者となって初めてロヒンギャの置かれた状況を知ったからなのか」引用
読んでいてつらい。
「内戦勃発」が最後の希望(Newsweek)

【私見】あ~あ、シリアの二の舞じゃん
常任理事国の拒否権有る限り、ミャンマーは内戦突入すると思うよ。(-""-;)強大国の犠牲になるのは、いつも弱い国々なんやな。
ミャンマー軍は確かに悪だし世界的にも許されないけど、少数民族を頼ろうとするのだけは絶対にやめてくれ。
そんな事をしたらより悲惨な未来しか思い至らないわ
Z世代と呼ばれる若者層は支持するだけに留まらず自ら軍事訓練に参加してるという事実に驚かされる
助けてやりたくても国連を中国から取り戻さないと何も出来ないのよ
最後の一文に唸ってしまうなぁ
| ニューズウィーク日本版
ミャンマー国民への無差別虐殺が始まっており、対抗組織として今まで国民が冷淡に扱ってきた少数民族勢力に期待が集まるほど切羽詰まっているという。
そう、上手くいくかなぁ。今までとは違うって気持ちもあるだろうけど、カチンもシャンも汚職が無いわけではないだろうしなぁ。過去の停戦同意とかも。
ミャンマー内戦が起こりそうな感じですね
――

ゾーミントゥット 「今回のクーデターに対して抵抗を続ける中心はZ世代と呼ばれる若者世代だ。彼らは1988年のクーデターを戦った当時の若者世代とは違い、教育水準も高く多様性に対して寛容だ。」
内戦しかないのか?
巨人対戦みたいなことになってきてんな
他人事じゃないぞ。難民が日本、ASEANに押し寄せるぞ。シリアみたく
めいわく!
タクティクスオウガの世界かコレ
結局国際社会は一枚岩ではなく、内戦や虐殺に対して効果的なアプローチはできなかった。その結果が希望は戦争なんだろうな。力なき正義は常に無力だが、正義なき力は暴力であり続ける
これは興味深い。
少数民族の迫害を容認したままの前政権復帰はない。
この記事はとてもわかりやすかった。日本のメディアもこのくらいの取材力がほしい。
Newsweekjapan:


>今のミャンマーには(少数民族の連合軍)構想以外にいいシナリオがない。国民はデモに参加しようが家でおとなしくしていようが殺されている。
これ、一層泥沼化するだけで、儲かるのは死の商人だけという図式になりそう。もしくは地方封建国家になるだけでは(そして周辺諸国が合併?)
高部正樹氏が日本人義勇兵として命を掛け闘ったミャンマー少数民族の抵抗軍に命運が掛っている。高部氏達の義勇兵の闘いが今、ミャンマーの自由の盾となっている。
もっと見る (残り約32件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR