TOP > 国際 > 台湾は火薬庫、第一次大戦前のバルカン半島のようだ──台湾から見た中台関係 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

台湾は火薬庫、第一次大戦前のバルカン半島のようだ──台湾から見た中台関係 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(12)

台湾の危機に加えて
中韓朝露という
対話では平和維持困難な
前世紀的帝国主義が続く
侵略国家で形成される
世界的地政学危機地域に
平和ボケ日本が
存在するという不幸…
……
報道特集で、アジア系へのヘイトクライム。日本人ジャズピアニストが襲撃されて重傷になったり。大坂なおみがメッセージ出したり。深刻みたいです。
背景は一応コロナとされてますが、中国に覇権国の座を譲る事への恐怖もあるのでは、と個人的には考えてたり…。
三戦で戦わずして勝とうって方針から、なんか、威圧と直接行動にでてくることが増えてるもんね。腹くくって準備するしかないだろうな。
「どの国も自ら戦争を引き起こそうという意図はないのだが、台湾海峡と周辺地域には戦争を引き起こす『火薬樽』がばらまかれている」
むしろ、新疆がラインラント進駐で香港がズデーテンで、台湾がダンツィヒ辺りではなかろうか🤔
実に危ういと思う

台湾海峡はいわば「火薬庫」で、世界戦争を引き起こしかねない危うさを秘めている、とある軍事専門家が警告した
緊張感が高まり続ける中、アメリカと中国、台湾の3者がいずれも後に退けない「悪循環」に入り込んだことを示す複数の兆候がある。こう指摘するのは、台湾北部の桃園市にある国防大学の教授で、中共軍事事務研究所の所長を務める馬振坤だ。
さて誰が誰を暗殺するのかな(アカン>世界大戦開始
火薬庫にしてるのは、中国❗️悪の枢軸❗️=>
(ニューズウィーク日本版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR