ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウスが新曲!? AIがよみがえらせた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(19)

マジか?
こりゃ凄い!
確かにそれっぽい曲になっている……
完全にAI任せで自動作曲というわけにはいかないようだが、そこはこれからの技術として前向きに捉えたい
トータル的に酷い内容だし
やる意味に関しては無いだろうな
こんなものを出される奴たちも草葉の陰で泣いてるだろ
コレはリアルシオリエクスペリエンス・・・
この記事の良いところに

AIプロジェクトは泥臭い作業がつきもの

であることをきちんと語ってくれているところですね

帰ったら聞こ、楽しみ!
AIの得意、苦手を炙り出すのに役立っていると思いました。
おおー / (ニューズウィーク日本版)
Come As You AreとDumbをRape MeとかPennyroyal Tea的な感じにしたみたいな?
なんかぽいけど惜しい!
AIにそれっぽい曲を作らせること自体はいいんだけど、それはあくまでAIが作曲したものだからね。あのアーティストの新曲だ、なんて煽るのは止めて欲しい。
AIがよみがえらせた|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト それ、、、、ほとんど人力やん、、、、、
さらに、本日公開のニューズウィークのこの記事を書きました。亡くなったミュージシャンの曲をもとにAIが新曲を使ったというお話。
(ニューズウィーク日本版)
(ニューズウィーク)
──伝説のミュージシャンの曲をAIが学習。聴いてみる?
以上
 
PR
PR