TOP > 国際 > 大麻に厳しい国・フランスで、大麻成分入りのワインが誕生した訳 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

大麻に厳しい国・フランスで、大麻成分入りのワインが誕生した訳 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(17)

フランス、大麻ワイン。若い世代がワインに興味を持つのは難しい、そこで健康と治癒のシンボル大麻ワインが登場:
CBD配合のフランス産ワイン🍷
ぜひ嗜んでみたい🌿
娯楽用大麻 合法化😆

大麻に厳しい国・フランスで、大麻成分入りのワインが誕生した訳|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
CBDが入ったワインが発売されるようですね!
お酒との相性は、二日酔い面などでもいいと思うので、納得ですね

日本で発売されることはあるんでしょうか🤔
こっちもCBDか〜
フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だ。そのフランスのボルドーで、大麻の成分のひとつであるカンナビジオール(CBD)入りワインが初めて生まれた理由と
フランスでCBD入りワインが誕生したようです
若者がワインを飲んでくれないからCBD入れてみようだって。いいぞもっとやれ
CBD入りのワインが誕生?
どんなのなんだろ〜
ヤフコメが真逆で草
大麻に厳しい国・フランスで、大麻成分入りのワインが誕生した訳(ニューズウィーク日本版)
大麻成分入りのワインだなんてフランスらしいよね♪ビールは飲んだことあるけどワインは初じゃない?

かの有名なPharmaHemp社がフランス産の種を使っているくらいだし品質はすごく良さそう☺️純粋に飲みたい
──フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だが......
「2019年にはEUが、CBDを原料とする医薬品を承認している。それにもかかわらずフランスは国内でのCBD使用を禁止」

…という🇫🇷は、実は産業用大麻栽培&輸出では90年代~最近までEU圏でシェア50%超という大麻大国。

🇯🇵でもそろそろ厚労省より経産省に頑張って貰わねば…
飲酒は18歳からなのに、15歳から統計取ってるのは面白いなw/
(ニューズウィーク日本版)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR