TOP > 国際 > 米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は...... | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は...... | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(420)

一律給付金クレクレ騒いでる日本じゃこうはならない気がするなぁ。仕事があるって大事よね。
米国初、ベーシックインカムの実験結果。
・フルタイム労働者が28%から40%の大幅増
・抑うつ患者の減少、健康状態の向上
・タバコや酒類の購入に使われた割合1%未満
転職活動がしやすいことでフルタイム労働が増えるのおもしろいな
ベーシックインカムには関心が高いのだが、どうなるんだろうね。
職場の人と話すと賛成の人は特に居ないけど。

米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......|ニューズウィーク日本版
早く日本でもBI導入を!
借金の返済、貯金の増加、フルタイム労働者の増加、健康状態の向上...

追加型のベーシックインカムは色々な問題を解決してくれそうだけど、日本は竹中式(代替型)の実験場になるんだろうな...
しかも、この実験を進めた市長、写真では満面笑顔だが、すでに昨年の選挙で負けているとのこと なんやねん🤣

ちなみに↓がニューズウィークのデジタル記事 こちらの方が少しだけ詳しく、フルタイム増加などはこちらに書いてある
社会保障制度の破壊と、外資への医療保険市場開放を目論むベーシックインカムは糞。

こんな結果見え見えの実験パフォーマンスに惑わされず、断固阻止せねば。

#ベーシックインカムに反対します
受給者は、抑うつや不安が少なくなり、健康状態も向上した。
近年議論されているベーシックインカムについて、米国の実験結果が報告されました。驚くべき結果となりましたね

昔はNIT(Negative Income Tax)やGAI(Guaranteed Annual Income)と呼ばれており、すでに実証実験されております。

普及しなかったのは、welfare matherが差別的な意味をもつほど、人種偏見が強かったからです。
ある程度参考になる
米国のベーシックインカム導入実験、フルタイム労働者の割合が1年で28%から40%まで増加したらしい、すごい👏
/"(  ̄△ ̄)"\ノ素晴らしいことね。ワーキングプアの方々を貧困から脱することができれば、生活保護の人との不公平感もなくなると。
書かれていないデメリットもありそうですけれど、概ね良い結果なのでは? 日本にそのまま適応できるのかは議論の余地があるでしょうけれど、個人的にはやってほしいなぁ。
ベーシックインカムは短期的にはデフレ対策になるけど、中長期的にはむしろフルタイム労働者が増えて供給能力が強化される可能性が高いね。やはり消費税廃止とセットで実施すべき、
日本で2年間やってみよう。それで成果が得られたら継続、得られないなら2年後に打ち切り。
何故に日本はやらんのかねぇ😅
ひろゆき喜んでるやろな
対象となった人たちの特性が気になるところ。

ただ、生活に余裕が生まれると負のスパイラルから抜け出せるのは事実(例外もいるけど)

BI賛成派だけど、怖いのは人間って慣れる生き物だから、根本的な解決は「お金」じゃないところにあると思う。
やろうぜ日本。
受給者ではフルタイム労働者の割合が増加

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
「実験では、毎月、デビットカードを通じて500ドルを支給し、その使途を追跡」 こうやってエビデンスをどんどん出していってくれると嬉しい。俺が正しいと思ってる未来の一部だわ、ベーシックインカム
アメリカで行われたベーシックインカムの実験。世帯収入が中央値以下の125人が対象で、その結果、フルタイム労働の割合が大幅に増加したという。なによりメンタルヘルスが改善したというのが興味深い。実験の財源が個人寄付というのもすごい。
お金の心配無くなれば大体の悩みは解決よな。
米カリフォルニア州北部ストックトン市でベーシックインカムの社会実験を行っているとは知らなかったけど、絶妙な金額設定があるのかなと感じる。
安過ぎると意味がなく、高過ぎると労働意欲を無くす。
次のステージに移行できる為の金額設定が重要になってくるように思う。
お金の教育も一緒にするとさらに効果上がりそう
受給者は、抑うつや不安が少なくなり、健康状態も向上した。受給者のケスラーの心理的苦痛測定指標(K-10)の平均値は、実験開始当初の「軽度のメンタルヘルス障害」から1年後には「精神的に健康」へと改善している。
興味深い。:
フルタイムへの転職、タバコや酒類の購入1%未満、健康状態も向上。成功しているように思える。
ベーシックインカム実験は成功しているようですね。
しかし当然の事。月500ドル支給されればそれをテコに仕事探しも意欲的になる。

日本ではそもそも政治家の頭にありませんが。
朗報すぎるだろ
YOSHIHIDEもやらないか?
米国初のベーシックインカム実験
〉毎月500ドルの追加収入を得ることで、よりよい給与を求めてパートタイムの仕事からフルタイムの仕事へと転職に向けた活動がしやすくなったり、失業中、交通費など、求職活動に必要な資金をまかなうことができ、就職につながりやすくなった
個人的には、ベーシックインカムはあくまで現状への上乗せとしての支給され、人々の生活の質を向上させて抑うつや不安を解消する意味合いにおいてのみ賛成。引き換えに国民皆保険や年金を反故にする為の導入には断固反対。
もはや一律給付金よりベーシックインカム導入のほうが現実的かもしれん
ここまでやりきったのがすごい、日本だと資本が取り沙汰されるがこれ
>なお、この社会実験の資金は、フェイスブックの共同創業者クリス・ヒューズ氏らの個人寄付によってまかなわれた。
米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は.....


読んでる
ベーシックインカム
米カリフォルニア州北部ストックトン市では、毎月500ドルを24ヶ月間支給する米国初の社会実験が2019年2月に開始されている......
底辺のセーフティネットがむちゃくちゃな国ほど効果あるだろうなー
日本みたいにローアッパーからミドルくらいまでがきつい国はどうなんだろう
『受給者は、抑うつや不安が少なくなり、健康状態も向上した』
日本も導入したら自○者減るんじゃ無いかしら
日本もベーシックインカム導入してくれたらいいなぁ
安定した経済状況。健康増進。よいことずくめ。
「資金はFB共同創業者らの寄付」「フルタイム労働の割合が大幅に増加」「毎月一定の収入で、受給者の経済状況が安定。抑うつや不安が少なくなり、健康状態も向上。煙草や酒類購入の割合は1%未満」
ほら、配ってよ。
カリフォルニア州で年収約497万以下の市民125名に毎月約5万4千円支給した結果、被験者の抑うつが軽減し、フルタイム労働者の割合が12%増えたという記事。
>受給者は、毎月500ドルの追加収入を得ることで(中略)就職につながりやすくなったとみられる。

>受給者は、抑うつや不安が少なくなり、健康状態も向上した。

日本でもやれ
えっ、すごい。
この結果見ると良い事しかないんですね。
もっと見る (残り約370件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR