TOP > 国際 > 中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(32)

これを習近平が知らないはずがない!
持續不可能な規模の擴大は何時迄も續けられない。そんな當たり前の指摘を雜誌に掲載する氣になつて來たのだろう。
🔳
「労働人口と生産性の動向に着目し、中国は永遠に二番手のままで終わるという説が登場した」
中国がアメリカ経済規模を超える日がくるのは遅かれ早かれ時間の問題かと。北京オリンピック後に破綻するとか色々言われてたけど、そうなって欲しいという願望の記事が多い。自動車販売台数1つとっても中国はすでに世界トップ。しかもまだまだ増え続けてます。
中国は2030年頃に経済規模でアメリカに近づくかもしれないが、追い越すことはできない」と
労働人口をいうならUSAは不法滞在者を一定の条件(招請状必須とか単純労働は何年以内とか)をつけて合法化すればいいじゃん。
いやーアメリカが、中国に抜かれたらヤバいよね。こんな国が覇権を握ったら怖い((( ;゚Д゚)))もー日本も覚悟しなければ。てか日本企業も大変だけどできたら早く脱出できたらいいね。良い人のふりして近寄るけどマトモな国ちゃうからね。全部奪われるの覚悟しなきゃね。
欧米マスメディアの論調の変化が見られるようになって来た
イギリスのエコノミストによる見解ですが、あまりに楽観的。

記事に根拠がなさ過ぎて、逆に何をどう批判していいのかわからなくなります。

ネトウヨやいわゆる保守が喜びそうな記事。
<中国の経済は近いうちにアメリカを上回って世界一になると予想する声は多いが、労働人口と生産性の動向に着目し、中国は永遠に二番手のままで終わるという説が登場した>
中国の経済は2050年に
韓国が日本を抜く事もないだろう。
アメリカの「経済」で大きな利益を「軍需産業」が生んでいる、「世界の武器商人」
此れは中国には無い。
中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない/ブレンダン・コール

「中国の経済は2050年になっても依然としてアメリカを上回ることはできず、世界第2位に留まる可能性がある、という分析を、ロンドンを拠点とする経済調査会社キャピタル・エコノミクスが発表した」
やはり生産人口の大きさは経済力に直結するよなぁ
アメリカは移民に支えられてと云うが、中国の人口の多さ、他民族性は移民と以上。国土開発と内需増大もあって、アメリカを抜くのは確実、ただインドの追い上げでどうなるかー
まぁ…ナチスの悪いところ+ソ連の悪いところまがいなことを現在進行形でやってるような国だもんな。
漢民族の急速な少子高齢化。日本以上に民族の誇りが高く、他民族に対する憎悪と移民を受け入れられないメンタリティ。となると、規模の大きい日本のような状況になる。であれば、想像を絶する成長力の低下はあり得る… →
永遠の"二番手"?そうかな(笑)
むしろ、2番手のままいられるなら良い方では
各国が中共の凶暴性を理解した後、投資や生産拠点を移すことの影響?
これマ?おれも普通に世界の覇者アメリカを超えて中国人共が世界征服すると予言、危惧していただけにびっくりよ
あいつら一気に経済発展と軍拡しまくってアメリカ抜かそうとしてるじゃん
アメリカも負けずに軍拡してね
中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない(ニューズウィーク日本版)

「生産性の伸びの鈍化と労働人口の減少によって、中国はアメリカを追い越すことができないという展開になる可能性が最も高い」との分析
⬆️
私がずっと主張してる事な🙄労働人口が急速に減ってるんだよ
中国はアメリカを抜けないかもしれないが、アメリカが没落する可能性はある。 / (ニューズウィーク日本版)
人口動態よりも、イノベーションに着目すべきと思う。
模倣でキャッチアップした後、オリジナルでイノベーションを起こせるか?共産主義国家にそれができるか?興味深い。
一つの分析なわけだが、「中国の成長が鈍化している最大の要因は、指導者である習近平国家主席が経済開放の努力を拒んだことだ」、これが理由なら結末は不可避のものということか。
それは分からない!!、世界の1/3の富は中国や香港や台湾やシンガポールの客家民族のタンス預金になっているから、更に所有者名義が裏に隠れている。
「中国の経済は近いうちにアメリカを上回って世界一になると予想する声は多いが、労働人口と生産性の動向に着目し、中国は永遠に二番手のままで終わるという説が登場した」
「中国の経済力が遠からず世界一の経済大国アメリカを超える」という見方が「一般的」という話はどこから来ているのだろう?
何だかこの文章、「経済力」と「経済影響力」とをごちゃまぜにして使っているよう。
ライターのバイアスを疑ったほうがよいかも。
「生産性の伸びの鈍化と労働人口の減少によって、中国はアメリカを追い越すことができないという展開になる可能性が最も高い」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR