TOP > 国際 > 入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(25)

”健康成人の正常値は96~100%だが、喫煙者・高齢者・肥満者などは約2~5%低下していることが多い。そして90%以下となると「低酸素血症(ハイポキシア)」と呼ばれて、酸素投与などの治療対象となることが多い。”
1000円未満のパルスオキシメーターも登場しているそうです。
「 」
検索したけれどいっぱいあってどれを買うべき?
麻酔科医の筒井冨美氏は「医療現場で患者の容態把握のための重要な医療機器で以前は1つ数万円以上しましたが、コロナ禍で数百~数千円になって家庭用にネットや家電店で販売されています」という――。
職場でパルスオキシメーターを扱っています。¥11,000〜販売しています。ご興味のある方はDMください。
半年前にはどこかのお医者さんが、オキシメーターは素人には不要だなんてツイてたけれど、こんな簡易なものがあるんだから、家庭内に体温、血圧、SpO2計があるのが当たり前になる筈。平時から体のことは知っておいて損はないよ。

パルスオキシメーター安いし買っても良いけど、これはコロナチェックというよりもコロナで肺がヤバくて血中酸素濃度がヤバい、って状態のチェックなんだよな…(手遅れ感)
健康な人は買わないで→
AppleにGalaxyに中華製の廉価版ですか。

安易にばら撒くことで、不良品や誤差の大きなものを摑まされて、それを基準に自宅療養する人はどうなるか。
コロナ肺炎では重度の低酸素血症になっても、「息が苦しい」と感じないことがある。
2021年1月17日(日)

健康成人の正常値は96~100%だが、喫煙者・高齢者・肥満者などは約2~5%低下していることが多い。そして90%以下となると「低酸素血症(ハイポキシア)」
不安がある人は早めに入手を!
Apple Watch series6でも計測できるが、精度が今ひとつという話もある。
---
コロナとは無関係だが買った。売上好調だからなのか1〜2weekかかるらしい。
酸素飽和度がベースラインから急降下したら要注意
パルスオキシメーターで平常時のベースラインの酸素飽和度を把握
何らかの体調の変化を感じた時は微熱であっても酸素飽和度を測定し90%未満あるいはベースラインよりも5%以上低下がある場合には医師に相談が必要かも?
パルオキシメーターが必須てほんとですか!?
数値下がっているとわかったところで、受診先なければあってもなくても一緒じや
「2021年正月にネット通販を検索すると医療機器認証を受けた製品でも数千円、アジア製の廉価版ならば数百円の製品が販売されている。数十グラムのポケットサイズが数多く販売されており、持ち運びも簡単である。筆者としては、医療機器認証を受けた製品をお勧めしたい」
1年も前に判明して警戒しろって言われてた情報が何故に今更?
昨年末はネットで購入できたが、今は売り切れか、ちゃんと測ることができるのかわからない製品しか売られていない。
私もすでに買っちゃいましたよ。
1個持っておくかな???
“身内に高齢者や糖尿病患者がいるならあらかじめネット通販や家電量販店などで入手するといいのではないか。”

いやもう体温計並に一家に一台が正解だと思う。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR