コロナが改めて浮き彫りにした「毛皮工場」の存在......年間約1億匹もの動物が屠殺されている | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(20)

「にんげんはチョーシにのりすぎ」
略して にんチョー
ミンクへの新型コロナウイルスの感染は、デンマーク以外でも確認されている。スペイン北東部アラゴン州の飼育場では、7月16日、新型コロナウイルスの集団感染により、ミンク9万2700匹の殺処分が命じられた。オランダでも、
非食肉用の経済動物の屠殺は年間約1億匹らしい。しかも、非食肉用動物の飼育は環境が劣悪になる傾向もあるらしい。
日本のインチキブリーダーの非人道ぶりが想起される。
毛皮は、生きたまま剥がされると知っていますか?

毛皮というファッションのために、年間1億ものミンクなどの命を奪って、コロナ感染で今度は、大量殺処分

人間が一番恐ろしい

コロナが改めて浮き彫りにした「毛皮工場」の存在.....年間約1億匹もの動物が屠殺されている
<デンマークで1700万匹のミンクが殺処分の対象になったことで、あらためて「毛皮工場」の存在に注目が集まっている>
動物の大量飼育が人の生命・健康を脅かすことがくっきり浮かび上がってきた。毛皮買わないで。

【ニューズウィーク日本版】

無くなっていく産業も変革のタイミングにはあるということ。
しかし、まだまだ毛皮、羽毛などの命の搾取は続く。
リアルファーじゃなきゃダメなんですか?
エコファーでいいじゃないですか。
その搾取を終わらせるのは私たち一人一人の消費動向、ライフスタイルの変化だ。
”毛皮の需要は、中国や南米など、一部の地域で伸びている......”
命って今更ながら何だ?
ワクチン開発にも使われるスクアレン
鮫の肝油から抽出されるから、ワクチン製造で何十万匹もの鮫が犠牲になる
人間は地球上で最も重要のない生物だ
地球温暖化で温かいのに毛皮はもう必要はないよ
 

 
PR