TOP > 国際 > 【特別寄稿】「8割おじさん」の数理モデルとその根拠──西浦博・北大教授 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

【特別寄稿】「8割おじさん」の数理モデルとその根拠──西浦博・北大教授 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(28)

この人の説には随分振り回されてる感はある。数字が一人歩きすることも想定すべきだったのでは。
最低限度数字の取り扱いができる一般の方にわかりやすいSIRモデルの中身は下記が読みやすいかと
承前》西浦博先生ご自身が著した,数理モデルの解説寄稿もアップロードされました。先生の数理モデルを理解するには必読ですね。《続

西浦博 @nishiurah 「『8割おじさん』の数理モデルとその根拠」 - ニューズウィーク日本版 @Newsweek_JAPAN @Satokogure
これはなかなか理解が難しくて途中で挫折したww>>
「だが他国で感染爆発が起き一部制御不能になった状況を見る限り、あの時点では、仮定であれ「何もしなければ」という厳しい流行シナリオを提示することはどうしても必要だったと考える」

その通りだと思う。問題はそれを専門家が発表せざるを得なかったこと。
薄っぺらい
> もちろん、これは「何も対策をしない」という、現実にはあり得ないシナリオであり、目を覆いたくなるような死亡者数が実際には見られなかったということはとても喜ばしいことだ。

「8割おじさん」の数理モデルとその根拠──西浦博・北大教授| ニューズウィーク
「42万人死ぬ」と言った時に根拠として説明すべき事。今さら感しかない。
読む気ないけどメモっとくわ。端的に言っていなくなればいい
『【特別寄稿】「8割おじさん」の数理モデルとその根拠──西浦博・北大教授』
"また、何も対策を取らずに自然感染による集団免疫を期待する、ということは、~それでも一定数の人々が重症化したり亡くなったりすることを是認していくという真剣な議論を要する。"
本文より「日本政府に科学顧問がいて、そこにプロのコミュニケーターが参集していれば、こういう点について齟齬のない伝達ができたかもしれない。」👉本当にそうです。元上司 毛利衛さんもずっと言ってる。

→「8割おじさん」の数理モデルとその根拠 西浦博・北大教授
感想と文系男子の考察を述べます。
なんと、ご本人の寄稿文!
必読です。

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
続)
そしてもう一本、やはり長文でもう少し専門的ですが、

【特別寄稿】「8割おじさん」の数理モデルとその根拠


ニューズウィーク日本版「8割おじさん」西浦博・北大教授の文
数理モデルはあくまでモデルだからね。
日本では北イタリアのように全く制御できないような大規模流行が十分な期間、観察されていないため、流行対策に影響されていない、流行を丸腰で受けた場合の基本再生産数R₀が定量化できていない。
うわ、数式使わずに説明すると大変だな。ソース見たけど、微分方程式の知識はいらないかもしれない。道具としては、対数正規分布、最尤推定法、期待値最大化法あたり。
良い記事。やはりまとまって書いてあるとわかりやすい。
>
ちょっと読んでみたけど難しすぎてわいにはよくわからんな🙃
8割おじさんの超絶頭脳すごい。
@chukoedi @nishiurah この「42万人死亡説」は文字通り受け取った人たちが悪い、みたいな物言いは何なんですか?

どれだけの人の人生をむちゃくちゃにしたか、自覚はありますか?

二度とこの問題に関わらないでください。
少し長いが読んだ。色々と復習になった。最後にあるこれは重要。→(これまでの日本の政治・社会の文化では難しいことだろうが、これからは変わっていく必要がある)~
これはクラスター班の肩書き無しだね
例え身内での同意があったとしても、個人名インタビューは今後肩書き外した方がいい。彼のためでもあるし、科学者としての矜恃を持って欲しい

ま、外したところで一般人は、あの西浦さんガーとなるだろうが😓そこは言論の自由だ
- 日本の全ての人口が感受性を有する前提で数値計算をすると、何も対策をしなければ約80%が感染するシナリオ
- この何も対策を施さないシナリオでは、死亡者数として約42万人が想定される
そのうち、黒猫先生お怒りの「感染者10人検疫すり抜けアウトブレイクモデル」についても、説明があるんじゃなかろうか。
3月のシミュレーションが過大だったことは責められるべきではないと思う。が、この段階での総括としては釈然としない。政治が総合的に判断してくれと言わんばかり。これじゃ次に活かせない。
皆さんに読んでいただきたい記事②
Disease-induced immunityについての2記事は私も読みましたがまだピンと来てないところがあるので、もう少し勉強し、理解できたら勉強スライドを作成して(気が向いたら)公開します。
素の SIR でシミュレーションしてたとは.もっとモダンな派生版かと思ってた.
をー、こんな寄稿も。
年齢も加味されてたのか。
以上
 

いま話題のニュース

PR