TOP > 国際 > 米兵の首に懸賞金を懸けていたロシアの「29155部隊」とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

米兵の首に懸賞金を懸けていたロシアの「29155部隊」とは | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届け...

ツイッターのコメント(12)

米兵が戦場で狙われているという情報はトランプ大統領に既に報告されているのに、トランプさんは聞いてないと言ってるらしい。情報報告も書面ではなく口頭を好む人だそうで、どこかの国にもそういう総理がいるねえ。
ごめんなさい。真っ先に「FMで末尾5kHzか」と思ってしまいました(汗
→資本主義であり、民主主義である国家ロシアは、なお、かつて西側諸国と言われた国々との間に、隔たりを持つ。地政学的利益相反ゆえであろうか?
どのように乗り越えていくことができるのだろうか?
・・・本当の話かえ?
政治にはいつでもこういう側面がある。ただ、西側諸国が善人と言う訳ではなく、「ミッションインポッシブル」とか007も同様のことをしている。
映画は映画として、現実はシビアに諜報活動は行われる。
Bountyってニュースで度々見かけたが、まさかこの懸賞金だったとは。

| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
流石ウラジーミルw やる事がエグいわ😈
この「29155部隊」というのは、ロシアの通称号なのか。だとすれば固有名はなんというか。そこが知りたい。 ~
冗談じゃなく、悪いことが起こった時背後に必ずいる国なってしまっている…
二重スパイを猛毒ノビチョクで殺そうとしたのもこの「29155部隊」と言われるが、どんな組織なのか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR